ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ >  サイエンス > ニュース記事

彗星への着陸目指すESAの探査機ロゼッタ、火星に接近

2007年03月11日

写真

ロゼッタ搭載の着陸機が撮影した画像。太陽電池パネルを展開したロゼッタの下に火星が広がる=ESA提供

写真

彗星に接近するESAの探査機ロゼッタのイメージ=ESA提供

 彗星(すいせい)への着陸を目指して宇宙を飛行している欧州宇宙機関(ESA)の探査機ロゼッタが、長旅の途中に火星に最接近した。眼下に広がる火星とともに探査機自身も写った珍しい画像を、ESAが公開した。

 ESAによると、ロゼッタは先月25日、火星に約250キロまで接近し、惑星の重力を利用して速度や軌道を変えるスイングバイに成功した。

 画像は、ロゼッタに搭載されている彗星着陸機が、火星とすれ違いざまに高度約千キロから撮影したもの。ロゼッタの下に球形をした火星が、探査機の左右に展開している太陽電池パネルなどとともにとらえられた。今回の接近で、火星の表面に浮かぶ雲の層の詳しい画像も撮影している。

 ロゼッタは04年3月に打ち上げられた。今後は地球に再び接近して軌道を変えて小惑星を観測した後、14年にチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星に着陸する予定だ。



この記事の関連情報

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり ここからサブコンテンツへの直リンクメニューです
サブコンテンツへの直リンクメニュー終わり
∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.