ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ >  サイエンス > ニュース記事

宇宙ステーション日本実験棟の船内保管室、米に到着

2007年03月13日

 宇宙航空研究開発機構は13日、地上400キロで建設中の国際宇宙ステーションに取り付けられる日本の実験棟「きぼう」の船内保管室が、米フロリダ州の港に到着したと発表した。

 実験装置や材料などを置く部屋として使われるもので、近く同州内の米航空宇宙局(NASA)のケネディ宇宙センターに搬入された後、来年1月ごろの打ち上げに向け準備をする。2月に横浜港を出発、船で運ばれていた。



この記事の関連情報

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり ここからサブコンテンツへの直リンクメニューです
サブコンテンツへの直リンクメニュー終わり
∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.