SDGs ACTION!

ジャパンSDGsアクションフェスティバル オンライン視聴者募集!

ジャパンSDGsアクションフェスティバル オンライン視聴者募集!

国連機関や産官学、市民団体などでつくるジャパンSDGsアクション推進協議会は3月26、27日の2日間、「ジャパンSDGsアクションフェスティバル-コロナ禍からの復興と行動-」を開催する。新型コロナ感染拡大のため、すべてオンライン配信での実施となった。朝日新聞社もオフィシャルパートナー、メディアパートナーとして参画している。

フェスティバルは2日間とも、午前10時から午後5時まで。下記のURLから二つのチャンネルでライブ配信される。すべてのプログラムを誰でも視聴できる。事前登録も不要だ。

協議会会長で慶応義塾大学大学院政策・メディア研究科教授の蟹江憲史さんをはじめ、国連広報センター所長の根本かおるさん、慶大医学部教授の宮田裕章さん、「創作あーちすと」としての活動もこなす女優ののんさんら、SDGsに関わる各分野のキープレイヤーが登壇。ポストコロナに向けて、どんな行動が必要かを参加者と共有し、実践へとつなげていく。

オープニングセレモニー

●日時:3月26日午前10 時~午前10時30分
●登壇者
蟹江 憲史
アミーナ・J・モハメッド 国連副事務総長(ビデオメッセージ、予定)
アヒム・シュタイナー 国連開発計画総裁(ビデオメッセージ、依頼中)
黒岩 祐治 神奈川県知事
宇都 隆史 外務副大臣(ビデオメッセージ)
紺野美沙子 国連開発計画親善大使(ビデオメッセージ)
ピコ太郎(ビデオメッセージ)
さかなクン(ビデオメッセージ)
女優・創作あーちすと のん

オープニングトークセッション
「SDGs アクションで目指す『Vibrant INOCHI』未来社会~コロナ禍からの復興と行動~」

●日時:3月26日午前10時30分~午前11時10分

●登壇者
蟹江 憲史
根本かおる
宮田 裕章

また、①気候変動②貧困と格差・いのち③ユース世代・ジェンダー④持続可能な金融システム⑤ローカライゼーションの5分野を基本テーマに、2日にわたってさまざまなカンファレンスが実施される。連携イベントとして、SDGsの17目標の下に設けられた169ターゲットをわかりやすい日本語訳にしようと中高生ら若者からコピーを募集した「SDGs169ターゲットアイコン日本版」の発表会もある(26日午後4時30分~午後5時30分)。

問い合わせ

ジャパンSDGsアクション推進協議会事務局 湊、天城
Tel:045-285-0909/FAX:045-210-8865
Email:sdgs-renkei.mx4p@pref.kanagawa.jp

この記事をシェア