SDGs ACTION!
基礎から学ぶSDGs教室

目標11「都市と人間の居住地を包摂的、安全、レジリエントかつ持続可能にする」 「基礎から学ぶ SDGs教室」【18】

目標11「都市と人間の居住地を包摂的、安全、レジリエントかつ持続可能にする」 「基礎から学ぶ SDGs教室」【18】

【日能研が解説する「SDGsとは」 第18回は目標11「住み続けられるまちづくりを」】

art_00192_本文1
ハイチ=2016年(UN Photo/Logan Abassi)

都市は、経済面、文化面など、多くの物事の中心地となっています。一方、都市でよく見られる課題としては、過密、基本的サービスを提供するための資金の不足、適切な住居の不足、さまざまな設備の老朽化等があげられます。また、都市によっては大気汚染をはじめとする環境に対する悪影響が出ているところもあります。

このように、土地や資源に負担をかけ過ぎないような形で都市を維持していくためには、多くの課題が残っています。

私たちが望む未来には、基本的サービスやエネルギー、住宅、輸送その他多くの仕組みや設備が整い、そこに住む人全員に提供できる都市が含まれます。

また、災害に強く、そこに住む人全員にとって安全で、住みやすい都市にしていくことが求められています。

そのような持続可能な都市をつくっていくために、私たち一人ひとりはどのようなことができるでしょうか。

(日能研 教務部)

日能研
日能研
1953年の創立以来、中学受験を専門とする塾。86年から続く電車内広告「シカクいアタマをマルくする。」で知られる。子どもたちが、「自ら学び続ける私」を自分で育てることを応援する。2020年から未来型思考ができる新テキストを導入。全国に154校を展開(2022年3月現在)。

SDGs 国連 世界の未来を変えるための17の目標 2030年までのゴール 改訂新版

SDGs 国連 世界の未来を変えるための17の目標 2030年までのゴール 改訂新版

みくに出版
定価 本体1,200円+税

紙書籍で買う

この記事をシェア
関連記事