SDGs ACTION!

食品ロスの対策方法 今からできることを現状や取り組みとともに紹介

食品ロスの対策方法 今からできることを現状や取り組みとともに紹介
食品ロスの現状と家庭・企業でできる対策(デザイン:吉田咲雪)
食品ロスマイスター/廣澤克美

食品ロスという言葉をよく聞くようになりましたが、それは企業の話で、個人には関係ないのでは?と思われる人も多いでしょう。しかし、意外に個人、家庭によるロスも多いのです。冷蔵庫からしなびた野菜が出てきたことはありませんか? そんな小さなロスをなくすだけで全体的に減らしていくことができます。

art_00297_著者_廣澤克美さん
廣澤克美(ひろさわ・かつみ)
食品ロスマイスター。(一社)日本専門家検定協会代表理事。札幌市出身。札幌市ごみ減量キャンペーンの一環である食品ロスの監修を4年間務める。明治、大正生まれの両祖母が物や食料を大事にする暮らしをみて育つ。独立後は企業とフードバンクをつなげる、食品ロスをわかりやすく啓蒙(けいもう)するなどの活動をしている。日本、中国で片付けに関する著書多数(ペンネーム広沢かつみ)。

1.食品ロスの現状と各国の取り組み

(1)そもそも食品ロスとは

「食品ロス」とは、「食べきることができなかったので捨てた」「いつの間にか腐っていたので処分した」など、本来は食べられたのに、きちんと管理しなかったために捨てることになった食品をいいます。

2000年に食品リサイクル法が施行されてから、食品ロスに関する関心は高まってきました。

恵方巻きやオリンピックの配布弁当を大量に廃棄したというニュースを見聞きした人も多いと思いますが、「食べられるのに廃棄する」とはまさにそれらのことです。このほか、ニュースにはなっていなくてもスーパーやコンビニのお総菜、レストランのビュッフェ、宴会料理などで残り、捨てられてしまう総菜、食品が日々出ています。

また、最近では新型コロナウイルス感染症拡大も大きな影響を与えています。緊急事態宣言の発出によって、給食が停止されたり、商業施設が休館したりして、仕入れたばかりの冷凍できない食材が廃棄されるケースもありました。

(2)日本の食品ロスの現状と取り組み

①日本の食品ロスの現状

前述の「本当は食べることができたのに腐らせて捨ててしまう」食品というのは日本でも多く出ており、農林水産省によれば2019年度の食品ロス総量は570万tです(参考:食品ロスとは│農林水産省)。

570万tとだけ聞くとピンと来ないかもしれませんが、世界各国で飢えに苦しむ人々への食料援助分の420万t(2020年)を上回ります。

また、国民1人あたりに換算すると、1日約124gを廃棄している計算になります。日本では、毎日茶わん1億2500万杯ほどの食品が捨てられているのです。

art_00297_本文_01
ご飯茶わんの写真

食品ロスは工場や店舗などのことだと思われる方が多いのですが、実は家庭でも多く発生しています。

同じく農林水産省の調査によれば、食品ロス総量570万tのうち、「家庭系食品ロス」は、食品ロス全体の46%(261万t)。対して、飲食店や製造など企業全体では、54%(309万t)となっており、1:1に近い数字となっています。

art_00297_本文_02
2019年度の「家庭系食品ロス」と「事業系食品ロス」(農林水産省HPの情報をもとに筆者作成)

②社会での取り組み

こうした食品ロスを削減すべく、日本では、2019年10月に施行された「食品ロス削減推進法」により毎年10月に啓蒙活動が強化されたり、各自治体での取り組みが積極的に行われたりしています。

例えば、宴会などで大量の食事が残されてしまうことを防ぐ「3010(さんまるいちまる)運動」(開始30分と終了10分前は食事に集中しよう)という啓発や、食品を買う時は奥の商品ではなく賞味期限が近い商品が置いてある手前から買おうという「手前取り」の訴求などです。

2012年度から推計が開始された食品ロス量の推移をみると、2016年度以降、食品ロス量が減少してきているので、身近に浸透しているといえます。

art_00297_本文_03
食品ロスの推移グラフ(食品ロス及びリサイクルをめぐる情勢 p.12│農林水産省外食・食文化課食品ロスリサイクル対策室 および前掲の農林水産省HPの情報をもとに筆者作成)

(3)世界の食品ロスの現状と取り組み

①世界の食品ロスの現状

2019年、世界の食品ロスは9億3100万t(消費者レベルで入手可能なすべての食品の17%が無駄になる│国連)に上り、国や所得など関係なく、家庭でのロス割合が高くなっていると報告されています。

一方で、世界の9人に1人が、3食を満足に食べることができていません。

世界で生産されている穀物量は26億tで、世界中の人が食べられる量の2倍生産されているのですが、全ての人に行き渡っておらず、むしろ大量に廃棄されているのが現状です。

ただ、特に発展途上国では、食べ物をムダにしているわけではなく、運搬のための整備や収穫技術、冷蔵保存する場所が少なく、食料を傷ませてしまうことも多くあり、こうしたもどかしい状況も食品ロスの実態の中にはあります。

②先進国での食品ロスに対する取り組み

こうした状況を受け、各国、各企業、団体組織によるさまざまな取り組みが増えています。

例えば、アメリカをはじめとする海外では、レストランでの食べ残しを持ち帰りができる「ドギーバッグ」なるものが推奨されています。

筆者は、コロナ禍前、毎月上海や北京などに出張をしていましたが、食べ残しを持ち帰りたいと言えば容器やポリ袋をいくつも出してくれて、スープやカレーの類まで入れてくれました。日本のように食べ残しの持ち帰りを拒むお店は、著者の知る限りありませんでした。

このほか、ドイツのお店では売れ残りのパンを回収し、翌日に低価格で再販したり、粉砕してパン粉にしたりすることが日常的に行われています。西欧の企業では、リンゴジュースの製造過程で廃棄されるリンゴの皮を使ったフェイクレザーの開発を成功させました。

また、フランスでは大型スーパーに限り、売れ残りや賞味期限切れの食品を廃棄することを禁止しています。

2.食品ロス問題への具体的な対策(家庭の場合)

前述したように、食品ロスは家庭からも多く発生しています。では、どのような対策があるでしょうか。

(1)第一に買いすぎない

家庭で出る食品ロスの多くは「買った食品を忘れていた」「使い切れなかった」というのが原因です。

冷蔵庫の底でひからびた野菜が発見された、使いかけの調味料や食材があちこちから見つかったものの消費期限が切れていた、などの経験をほとんどの家庭がされています。

特にサラダ用の野菜や消費期限が短い生鮮食品は、すぐに傷んでしまいます。また、保存期間が長いからといって買いすぎると期限内に使いきれない場合もあります。

買い物に行く時は、冷蔵庫の7割以上が空になってから、何が不足しているのか、何を今週使うのかを計画的に考え、メモをとってから買い物に行くようにしましょう。

また、新製品や限定品などに目を奪われずに、食べきれるのかを自問自答して買うべきです。多くの家庭の冷蔵庫に、目新しさで買ってみたものの口に合わなかった調味料が多々入っているのを目にします。

足りなければ買い足せばよいので、買いすぎないことが食品ロスを防ぐ最大の行動です。

(2)冷蔵庫と食品ストックの整理収納を定期的に行う

買った食材を忘れないためには、決めた食材を同じ場所に毎回しまうことが有効です。

スーパーなどで食料品が種類ごとに並んでいるように、家庭でもいつも同じ場所に同じ種類の食材を配置すれば、何が減って、何が残っているか一目でわかります。

家庭での在庫確認は家計を管理する上でも大切なことです。できるだけ透明な容器に入れることで在庫の状態が一目でわかります。

art_00297_本文_04
整理された冷蔵庫の例
art_00297_本文_05
透明な容器を使った収納の例

また、備蓄を含めたストック品も、しまったままにしておかないようにしましょう。多くの家庭で備蓄の食品をしまいっぱなしにして、消費期限を切らして処分するということを経験しています。

備蓄を含めたストック食材は、「買う」「ストックする」「使う」をローテーションしていけば、ムダにすることはありません。同じく冷凍庫の食材も、1~2カ月を目安に総入れ替えにするつもりでローテーションさせましょう。

art_00297_本文_06
「ローリングストック」のイメージ。ローリングストックとは定期的に食べて、食べた分を買い足し備蓄すること

(3)作りすぎない

作りすぎたおみそ汁や煮物を廃棄する家庭が多くあります。作りすぎてしまったと思ったら小分けにして冷凍をする、味付けを変えて翌日の献立にするなどの工夫をしましょう。

また、大きい鍋やフライパンを持たないのもおすすめです。 

(4)アプリの活用

賞味期限切れをお知らせする「賞味期限管理アプリ」や、冷蔵庫にある材料で作れるレシピアプリなどがあります。

また、お店や飲食店で売れ残りそうな商品を格安ないしサブスクで購入できるアプリ(let、ワケアイ、TABETE、Haiki0など)も多々ありますので、お得かつ食品ロスに貢献ができます。

都心に限るものもありますが、地域限定で活用できるアプリや情報もありますので、探してみてください。

3.食品ロス問題への具体的な対策(企業の場合)

(1)別製品への加工や寄付

日本の企業は、商品を不足させてはいけないと作り続けていますが、廃棄を少なくすればコストを抑えられるので、本来ならば数量をコントロールするほうが経営にもいいはずです。

大企業が食品ロス対策を実施した事例は多々報道されますが、実は、中小企業も地域に貢献したさまざまな対策、取り組みをしています。

例えば、余ったパンを酵母に活用してクラフトビールを製造する、捨てられる農作物を加工品にする、地域のフードバンクや児童養護施設との連携で過剰在庫の寄付を行う、などです。

また、外食産業や宿泊業の企業の中には、食べきれない量の宴会料理やコース料理を出すより、「質より量」のメニューを出す方向にシフトし、食品ロス対策だけでなく顧客満足度の向上にもつなげている企業もあります。

こうした取り組みを参考に、自社ではどんなことができるか検討するといいでしょう。

(2)SNSを使った呼びかけ

SNSを使って、処分されてしまう商品や食材の購入を呼びかけるのも、おすすめの対策です。

SNSを使った呼びかけは昨今反響が大きく、例えば2020年、北海道産の牛乳が大量にあまり、酪農業者を助けようとSNSで呼びかけた「牛乳チャレンジ」は消費を大幅に押し上げました。

堅苦しい知識の啓蒙より、誰かのためにという思いやおいしそうなどというエモーショナルな訴求のほうが、多くの人が実行するきっかけになります。

多くの人はメリットのある行動しかしません。「誰かのため」は自分の心を満たすというメリットがあります。隠して大量に廃棄してしまうより、正直に困っていると声を上げた方が廃棄をせずに済むでしょう。

このSNSを活用した呼びかけはしばらくの間、有効性があると思います。

4.なぜ、食品ロスが問題なのか

世界の人口は2世紀ほど前までは約10億人でした。しかし、この1世紀で爆発的に増え、すでに80億人に迫る勢いです。

ですが、地球上の食料も資源も限りがあります。食料を生産するにも、加工製造や運搬、販売するにも、家庭で保管、調理するにもエネルギーや水といった資源がつきものになります。これらの全てが不足、最悪は枯渇するという懸念があるのです。

漁村に住んでいた明治生まれの筆者の祖母は、食べられない部分の野菜くずや魚の内臓、おひつにこびりついたご飯粒は「魚が食べてくれるから」と全て海に流していました。また、昔、アイヌの人々は食べ物の全てを余すことなく食べ、活用していましたし、冷蔵庫などがないから長持ちさせるための保存法にもたけていました。

現代人は便利な暮らしゆえ、食品をムダに廃棄するようになったのかもしれません。昔の人の知恵と暮らしを知ればロスも減るのではないでしょうか。

この記事をシェア
関連記事