SDGs ACTION!

バーチャルウォーターとは? 食料と水の関係についてわかりやすく解説

バーチャルウォーターとは? 食料と水の関係についてわかりやすく解説
大分県竹田市にある「水の駅おづる」の水くみ場。多くの人が訪れる(撮影・朝日新聞)

食料を生産するためには、多量の水が必要です。食料自給率が低く、必要な食料の多くを輸入に頼っている日本は、同時に多くの水も輸入していることになります。もし自国で同じ量を生産するなら、どれぐらいの水が必要になるか。日ごろ口にする食料と水の関係について、わかりやすく解説します。

1.1個のハンバーガーに使う水の量は?

「バーチャルウォーター」とは、食料を輸入した国が自分の国でその食料を生産した場合、どのくらいの水が必要になるかを推定した数字です。ロンドン大学のアンソニー・アラン名誉教授が1990年代に提唱しました。「仮想水」とも呼ばれます。

一般的に、穀物と畜産物では、バーチャルウォーターは畜産物のほうが多くなります。たとえば、1kgのトウモロコシを生産するには、1800Lの水が必要です。牛はトウモロコシなどの穀物を大量に食べて育つため、牛が飲む水に加えて穀物の栽培に使われる水も必要となるため、牛肉を生産するにはその2万倍もの水が必要となります。

日ごろ、口にしている料理には、どのくらいの水が投入されているのでしょうか。環境省のホームページにあるバーチャルウォーター量自動計算を使うと、料理に使われているバーチャルウォーターを算出することができます。

ハンバーガーで見てみましょう。

art_00366_本文1
環境省HPを元に編集部作成

牛肉45g=バーチャルウォーター量927L
パン45g=バーチャルウォーター量72L
合計は999Lです。

この量は、ペットボトル(500mL)だと、およそ2000本分になります。一般的なお風呂の平均的な湯量は200Lなので、ハンバーガー1個分を生産するためにはお風呂約5杯分のバーチャルウォーターが必要だということになります。

ランチの定番、しょうが焼き定食だと、総量は1271L、ペットボトル2542本分になります。

art_00366_本文2
環境省HPを元に編集部作成

2.世界有数の「水」輸入国ニッポン

日本の食料自給率は、カロリーベースで37%(2020年度)しかなく、先進国で最低の水準です。食料や家畜のえさの多くを輸入に頼っているため、輸入するバーチャルウォーターも多くなります。東京大学生産技術研究所の試算によると、バーチャルウォーターの年間総輸入量は640億m3にのぼります。国内で1年間に使用する水の量は約800億m3ですから、その8割に相当する量です。

1年間に世界平均の2倍もの雨が降る日本は、水に恵まれた国と思われがちですが、山が多く、河川の水は利用されないまま海へと流れ出てしまいます。実際に利用できる水の量は少なく、1人あたりの水資源の量は世界平均の半分以下に過ぎません。それにもかかわらず、日本で「水不足」を感じないのは、大量のバーチャルウォーターを輸入しているからなのです。

art_00366_本文3
農林水産省HPを元に編集部作成

3.人口増加で深刻化する世界の水不足

今、世界各地で水不足が深刻になっています。理由の一つが人口の増加です。1960年に約30億人だった地球の人口は、2011年に70億人を超え、2050年には97億人に達すると推計されています。人口が増えたことにより、飲み水だけでなく、農業や工業に利用する水も増えました。

また、新興国や途上国で、経済成長によって所得が増えたことにより、「肉食」が広がったことが水不足に拍車をかけます。2009年から2019年にかけて、肉の生産量は19%増え、3.37億tに達しました。同じ時期の世界の人口の伸び率が12%なので、人口の増加に加えて、1人あたりの肉の消費量が増えていることになります。

さらに地球温暖化によって、干ばつも増え、水資源がなくなる危険性が高まっています。国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が2022年2月28日に公表した報告書によれば、産業革命前に比べて平均気温の上昇幅が1.5度を超えると、世界各地で穀物が一斉に不作になると予想されています。水不足は、食料不足に直結することになります。

「世界の水の危機」は対岸の火事などではなく、むしろ食料自給率が低い日本のような国こそが追い詰められることになります。食料とともにバーチャルウォーターを大量に輸入している国として、きれいな水を作ることに協力し、バーチャルウォーターを途上国に還元することが求められています。地産地消を進め、食料自給率を上げることや、食べずに捨てられてしまう食品ロスをなくすことも水資源を守ることにつながるでしょう。

「水の惑星」といわれる地球ですが、人間が利用できる状態の真水は0.01%しかありません。20世紀は石油をめぐって戦争が起きた世紀と言われています。21世紀に「水戦争」を引き起こさないため、限りある水資源を守り、分け合うために協力することが世界の課題となっています。

art_00366_本文4
2016年、「100年に1度」とされる干ばつによって干あがったベトナム南部の水田(撮影・朝日新聞)
この記事をシェア
関連記事