現在位置:
  1. asahi.com
  2. 2009政権交代
  3. ニュース
  4. 記事

岡田外相、「核密約」調査を命令 日米会談でも説明へ

2009年9月17日1時17分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真首相官邸で会見する岡田克也外相=17日午前0時11分、東京・永田町、飯塚悟撮影

 岡田克也外相は17日未明、薮中三十二外務事務次官に、核持ち込みや沖縄返還をめぐる日米間の密約について、外務省内にある資料を調査し、今年11月末をめどに調査結果を報告するよう命令した。

 岡田氏は外務省内で行った会見で「密約の問題は、外交に対する国民の不信感を高めている。事実を徹底的に明らかにし、国民の理解と信頼に基づく外交を実現していく必要がある」と表明した。また、来週に米ニューヨークで予定されている日米外相会談で、米側に密約調査について説明する考えも明らかにした。

 岡田氏は薮中氏に、作業の進展状況を随時報告して指示を仰ぐよう求めた。省内や在外公館から専門家を集めて専従チームを編成。資料の調査がある程度進んだ段階で、外部の有識者による委員会を設置し、資料の精査や外務省OB、米側の関係者への聞き取り調査も実施する考えだ。

 調査対象は、60年日米安保条約改定時の核持ち込みに関する密約と、朝鮮半島有事の際の戦闘作戦行動についての密約。また、72年の沖縄返還時の有事の際の核持ち込みに関する密約と、米軍基地跡地の原状回復費の肩代わりに関する密約の計四つ。

 4密約は、いずれも米側の公開文書などで存在が明らかになっているが、これまで政府や外務省は国会などの場で繰り返し「いかなる密約もない」と繰り返し答弁してきた。政府の手で調査が行われるのは今回が初めて。密約の存在が結論づけられれば、外務省首脳を含む責任問題に発展することは避けられない。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内