現在位置:
  1. asahi.com
  2. 2009政権交代
  3. ニュース
  4. 記事

バラクとユキオ、「パンケーキ」で会話弾む 親密さ強調

2009年9月26日18時39分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 【ピッツバーグ〈米ペンシルベニア州〉=尾形聡彦、藤田直央】25日のG20首脳会合後の会見で、バラク・オバマ米大統領と鳩山由紀夫首相が親密ぶりを互いに強調した。大統領の大好物にありついた鳩山首相へのうらやましさをオバマ氏が口にすれば、鳩山首相もファーストネームで呼び合う仲を紹介した。

 会合直後の会見で、オバマ氏は自分から「少し怒っていることがある。私は今回、パメラのパンケーキを食べにいけなかったのに、ユキオ・ハトヤマは食べたんだ」と冗談を飛ばした。ピッツバーグ名物の同店のパンケーキは、オバマ氏がホワイトハウスにオーナーを呼び寄せて作ってもらうほどの大ファン。オバマ氏は「(首相は)絶賛していた」と笑顔で語った。

 その直後の会見で鳩山首相も「パンケーキを食べたと(大統領に)申し上げたら大変うれしそうで、一緒にいたかったなと、そんな話もして頂いた」とやりとりを披露。「ユキオと呼んでいただいているし、私もバラクと呼ばせていただいている」と付け加えるのも忘れなかった。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内