現在位置:
  1. asahi.com
  2. 2009政権交代
  3. ニュース
  4. 記事

「疑惑の総合商社」発言、今は反省 辻元氏

2009年11月19日11時35分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 鈴木宗男衆院議員を「疑惑の総合商社」と呼んだことは、今では反省している――。辻元清美国土交通副大臣が18日の衆院外務委員会で、02年に海外利権疑惑などで鈴木氏を国会で追及した際の発言についてこう口にした。

 自民党の小野寺五典衆院議員の質問に答えた。外務委員長の鈴木氏は受託収賄などの罪に問われて最高裁に上告中だが、辻元氏が取り上げた疑惑では起訴されていない。感想を差し挟むこともなく、淡々と議事を進行した。

 辻元氏は鈴木氏追及後、自らの秘書給与詐取疑惑が発覚、議員辞職も経験した。「国会論戦では熱くなったり、言い過ぎたりということも経験し、それが自分にはねかえってくることもみんな理解している」と振り返った。

 小野寺氏もかつて有権者に線香セットを配ったとして、公職選挙法違反容疑で書類送検され、議員辞職。辻元氏は「小野寺議員もいろいろ苦労された」とちくり。小野寺氏も「お互いに様々な経験をした仲間ということで」と返した。(東岡徹)

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内