現在位置:
  1. asahi.com
  2. 2009政権交代
  3. ニュース
  4. 記事

内田裕也さん「ロック代表として」事業仕分けをチェック

2009年11月27日23時12分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真事業仕分けの傍聴席には、ロック歌手・内田裕也さん(中央)も姿を見せた=27日午前、東京都新宿区、福岡亜純撮影

写真事業仕分けを傍聴する人たち。左後方にロック歌手・内田裕也さんの姿も=27日午前、東京都新宿区、福岡亜純撮影

 行政刷新会議の事業仕分け。

 「もっと丁々発止かと思ったが、意外とちょっとなれ合いっぽいところがあったな」。27日、会場にロック歌手の内田裕也さんが現れた。

 91年の東京都知事選に立候補した内田さん。「今も政治にひそかに関心を持っている。(事業仕分けは)民主主義として画期的なことだから」と事務所に内緒で来たという。「ロック代表として俺(おれ)みたいなのがここに来ることで、社会的な関心がもっと広がればいいな、とちらっと考えました」

 今の民主党については「実は1票入れたんだけど大丈夫かな。ちょっと今、ニューミュージックって感じだよね」。(今野忍)

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内