現在位置:
  1. asahi.com
  2. 2010鳩山政権
  3. ニュース
  4. 記事

2010鳩山政権

新しい日航社長に大西氏 稲盛氏とともに再生担う

2010年1月27日11時23分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

日本航空の社長に就任する大西賢氏

 企業再生支援機構の支援で再生を目指す日本航空は27日、運航子会社・日本エアコミューター(JAC、本社・鹿児島県霧島市)の社長で日航の執行役員を兼務する大西賢氏(54)が2月1日付で社長に就任すると発表した。今月19日に退任した西松遥・前社長(62)から若返りを図る。副社長には田口久雄執行役員(54)が就任する。

 大西氏は整備部門を長く務め、新生日航が安全に力を入れる姿勢を強調する。田口氏は国際部門などを経て現在は九州地区営業担当。機構と日航は経営刷新を目指し、若手幹部から人選を進めていた。会長に内定している稲盛和夫・京セラ名誉会長(77)とともに経営のかじ取りを担う。

     ◇

 〈大西  賢氏〉 おおにし・まさる。東大工卒、1978年日本航空に入り、整備本部副本部長を経て、2009年4月から執行役員。同年6月から日本エアコミューター社長を兼務。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内