現在位置:
  1. asahi.com
  2. 2010鳩山政権
  3. ニュース
  4. 記事

2010鳩山政権

新人教育に「小沢5原則」 執行部、10班に分け管理

2010年1月31日16時13分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 昨年8月の総選挙で初当選した民主党の143人の新人議員が、鳩山由紀夫首相や小沢一郎幹事長をめぐる「政治とカネ」の問題に沈黙している。奔放な発言で注目を集めた自民党の「小泉チルドレン」とは対照的だ。そこには徹底的に新人を教育し、統制する小沢執行部の管理術がある。

 衆院本会議や予算委員会の日。民主党の新人議員たちは国会内での「朝礼」を終えると、10班に分かれてミーティングに移る。10人の班長は中堅の国対副委員長らだ。

 「黙って聞け!」「お前らはどうなんだ!」。予算委員会には常に2班が乗り込み、ヤジを飛ばす。昨年の臨時国会ではヤジの飛ばし方も教育された。「朝礼」では小沢氏に近い山岡賢次国対委員長が訓示。教育方針には小沢氏の意向が反映されている。いわば「小沢5原則」だ。

 その一つが「党内の出来事はすべて班長に報告」。班別行動は班長が新人を把握し、執行部の意向に反する不穏な動きに備え、新人たちの連携を分断する狙いから。非小沢系の議員グループの会合が、誘われた新人議員の報告で事前に発覚したこともある。

 「目立つべからず」は、マスコミ露出や発言は制限するということ。土地取引事件で小沢氏の事務所の強制捜査があった後、新人が集まる会合があった。冒頭、執行部が「今日は質疑応答の時間はない」と発言を封じた。

 さらに「政府の要職につくべからず」。今月、首相が小沢氏に「大臣補佐官に専門知識のある1年生を起用したい」と言うと、小沢氏は「それはいけない。専門知識があるかないかでなく、党内秩序の問題だ」と断ったという。

 選挙の公認権と年間173億円にのぼる政党交付金の配分を握る小沢氏の権力は絶大だ。小沢氏主導で擁立した女性や、小沢氏の秘書軍団の支援を受けた新人議員の忠誠心は強い。

 一方、05年郵政総選挙で初当選した自民党の「小泉チルドレン」83人は「83会」を結成し、定期的に集まって発言力を強め、メディアにも積極的に露出した。民主党にはそういうグループはない。ある新人は「同じ班以外の人は名前すら知らない人が多い」と明かす。

 小泉チルドレンの代表格だった片山さつき前衆院議員は「私たちはトップにモノ申した」。83会のうち、現在、自民党の現職衆院議員は10人。その一人、平将明衆院議員はこう忠告する。

 「上から統制され、野党をやじり倒す民主党の1年生は異様。自分で考えないと、我々と同じく、次の選挙でいなくなるよ」(山田明宏)

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内