現在位置:
  1. asahi.com
  2. 2010鳩山政権
  3. ニュース
  4. 記事

2010鳩山政権

福山外務副大臣が文芸春秋とライターを提訴 名誉棄損で

2010年3月15日20時9分

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 民主党参院議員の福山哲郎外務副大臣は15日、月刊誌「文芸春秋」の記事などで名誉を傷つけられたとして、発行元の文芸春秋と記事を執筆したルポライター横田由美子さんらを相手取り、総額1650万円の損害賠償などを求める訴えを東京地裁に起こしたと発表した。提訴は12日。

 問題とされたのは同誌2月号に掲載された「CO2 25%削減 『友愛』外交の敗北」と題する記事など。訴状で福山氏は「環境部門で強硬な意見を持つものの影響を受けて、国民に対する配慮をせず、政府を取り仕切っているという印象を与えるが、虚偽だ」などと主張している。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内