メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

最新ニュース

大阪ダブル選後の府民調査

証言 橋下政治8年

解剖 橋下維新圧勝

写真・図版

大阪ダブル選、内田樹さん寄稿「一枚岩を選んだ有権者」 (2015/11/25)

ダブル選では、政策的には候補者間に大きな違いはなかった。いずれの候補者も大阪の全方位的な長期低落傾向を嘆き、再活性化の喫緊であることを訴えていた。そして、結局「大阪都構想」が再び争点になった。ふつう半年前に否決された政策が(特段の条件の変…[続きを読む]

争点点検

最新ニュース

写真・図版

小池氏と維新、竹中平蔵氏が仲介 橋下氏も「密約を」(2017/10/1)

 衆院選に向けて、希望の党を率いる小池百合子・東京都知事と、日本維新の会代表の松井一郎・大阪府知事が選挙での連携に合意した。両氏は大村秀章・愛知県知事を交え、地方分権改革などの連携もアピール。安倍晋三…[続きを読む]

関連キーワード

  • 大阪都構想の現状(2014年01月31日 朝刊)

    橋下徹大阪市長は大阪ダブル選の勝利後、公明党の協力を得て法定協議会を作り、15年4月の都移行に向けて議論を進めてきた。しかし、昨年9月の堺市長選で大阪維新の会の候補が敗れ、堺市域では頓挫。大阪市域の制度設計を法定協で進めているが、市内を五つの特別区に分割する区割り案が確定しておらず、昨年10月から始める予定だった区の名称や役所の位置の検討に入っていない。維新は府議会、大阪市議会ともに過半数を持たず、自民、民主、共産各党は反対。公明内でも反対論が強まっており、賛否を問う住民投票を実施する見通しも立たない状況に陥っている。

!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ