メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

自民党総裁選2018

写真・図版

森友加計対応の評価、安倍氏と石破氏に差 朝日東大調査有料会員限定記事 (2018/9/9)

自民党総裁選に立候補した安倍晋三首相と石破茂・元幹事長の政策や理念はどう違うのか。北海道の地震を受けて論戦は先送りされたが、朝日新聞社と東京大学・谷口将紀研究室が昨年10月の衆院選で行った共同調査をみると、「森友・加計(かけ)学園問題への…[続きを読む]

■有権者調査

調査方法

有権者への調査は、層化無作為2段階抽出法で3千人の対象者を選び、衆院選投開票前日(10月21日)に調査票を郵送。投票後に回答・返送してもらい、1767人(59%)の回答を得た。分析は、東京大学大学院法学政治学研究科・谷口研究室の金子智樹、高宮秀典、築山宏樹、川口航史、淺野良成の各氏が、朝日新聞側は山岸一生、竹下由佳が担当した。

■政治家調査

調査方法

今回は衆院解散が固まった9月23日から立候補予定者を対象に質問票の配布を始め、10月13日まで候補者1180人のうち、1142人から回答を得た(回答率97%)。分析は、東大・谷口研究室では金子智樹、高宮秀典、築山宏樹、川口航史、淺野良成の各氏が、朝日新聞側は、小林豪、関根慎一、山岸一生、東岡徹が担当した。

朝日・東大谷口研究室共同調査

朝日新聞と東京大学の蒲島郁夫(現・熊本県知事)、谷口将紀研究室が2003年、国会議員や有権者の意識を統計的に分析するため、共同でアンケートを開始。調査結果を積み上げることで、政治家や政党の政策的な立ち位置の変化を見取り図に描くなど、新しい政治報道に取り組んできた。現在は国政選挙ごとに候補者、有権者への調査を続けている。

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】タブレットにもなる超薄型PC

    薄さ約9.9ミリ、重量約775g

  • 写真

    【&TRAVEL】激揺れバスでヒマラヤ登山口

    再び「12万円で世界を歩く」

  • 写真

    【&M】時代に合ったコンセプトカー

    小川フミオの「世界の名車」

  • 写真

    【&w】森でいちばんのもふもふ

    ふくろうの赤ちゃん

  • 写真

    好書好日埼玉の人、ごめんなさい

    魔夜峰央「翔んで埼玉」映画に

  • 写真

    WEBRONZA橋本治は「体」の人だった

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン2シーターを楽しむジャガー

    2台目に欲しいスポーツカー

  • 写真

    T JAPANせきねきょうこが選ぶホテル

    新・東京ホテル物語 第36回

  • 写真

    GLOBE+候補者なんと73人

    ナイジェリアの大統領選

  • 写真

    sippo倉庫の中で産まれた子猫

    新しい家で兄貴分に出会う

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ

朝日新聞官邸クラブ 公式ツイッター

※Twitterのサービスが混み合っている時など、ツイートが表示されない場合もあります。