現在位置:
  1. asahi.com
  2. 2011統一地方選・衆院補選
  3. ニュース
  4. 記事

福岡知事に小川氏当選 共産推薦候補を破る

2011年4月10日20時32分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真拡大佐賀知事選で当選を決め、支持者から花束を受け取った古川康氏=10日午後8時6分、佐賀市唐人2丁目、小川直樹撮影

写真拡大福岡県知事選で初当選を決め、麻生渡知事(左)から花束を贈られ笑顔を見せる小川洋氏=10日午後8時7分、福岡市博多区、恒成利幸撮影

写真拡大テレビで当選確実のニュースが流れ、笑顔を見せる広瀬勝貞氏(前列中央)=10日午後8時、大分市中春日町、軽部理人撮影

 九州では福岡、佐賀、大分の3県知事選があり、いずれも多党相乗り型候補が共産系候補を破った。

 麻生渡知事(71)=4期目、全国知事会長=が引退する福岡では、元内閣広報官で民主、自民、公明、社民、国民新、県農政連が支援する小川洋氏(61)が、元北九州市議で共産推薦の田村貴昭氏(49)を破って初当選を果たした。

 佐賀では、無所属現職の古川康氏(52)が共産県委員長の平林正勝氏(63)を退けて3選を決めた。古川氏は前回の自民、公明の推薦に加え、今回は民主県連からも初めて推薦を得た。

 大分では、無所属現職の広瀬勝貞氏(68)が共産県政策委員の三重野昇氏(72)を破って3選。広瀬氏は公明と社民の県組織が推薦、自民県連も支持した。民主は公認も推薦・支持もせず、事実上の不戦敗。

 8県議選(無投票当選を除く計331議席)と福岡市議選(定数62)も当選者が相次いで決まった。


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

選挙などの日程

前半選挙 投票 4/10(日)
  都道府県知事 告示 3/24(木)
政令指定市 市長 告示 3/27(日)
道府県議 告示 4/1(金)
政令指定市 市議 告示
後半選挙 投票 4/24(日)
  衆議院議員補欠 告示 4/12(火)
一般市長、一般市議、東京区長、東京区議 告示 4/17(日)
町村長、町村議 告示 4/19(火)

※震災のため一部選挙の延期が決まりました

2011統一地方選挙・衆院補選 候補者・開票情報 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知 三重 滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄 愛知6区衆院補選

マイタウン地域情報