メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

(憲法改正)改憲勢力、各論に温度差

■朝日・東大谷口研究室共同調査

参院選特集ページはこちら朝日・東大谷口研共同調査はこちら

 憲法改正を公約に明記した自民は、中立の1人をのぞき、全員が改正賛成派。維新は全員、みんなは8割が賛成派だ。とはいえ、自民が唱える自衛権の明記と国防軍の保持を盛り込む9条改正について、みんなは反対派が24%、中立が55%。改憲勢力といっても一枚岩ではないことがうかがえる。

 「加憲」を掲げる公明は賛成派が6割を超えたが、反対派も3割近くいる。9条改正や改憲発議の要件を緩和する96条改正では、いずれも反対派が9割近い。

 改憲派から護憲派まで抱える民主と生活は、賛否に幅がある。民主は賛成派が2割余りで、昨年衆院選時点の5割から大幅に減った。96条改正は全員が、9条改正は9割が反対派だ。

 共産、社民は候補者全員が改正に反対している。

選挙などの日程

参院議員選挙公示 7/4(木)
参院議員選挙投開票 7/21(日)
期日前投票期間 7/5(金)〜20(土)
朝日新聞で見る選挙のすべて