メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

集団的自衛権、5割が容認(朝日・東大谷口研究室調査)

図:各政策への政党別当選者の立ち位置拡大各政策への政党別当選者の立ち位置

 中国や朝鮮半島など東アジアの外交・安全保障にどう臨むのかも、安倍政権の参院選後の課題だ。

当選者の考え、特集はこちら

 北朝鮮は最近、韓国や米国と対話する姿勢を示しているが、当選者の間では北朝鮮に対し「対話より圧力を優先すべきだ」との考えが34%に上った。自民の圧力重視派は3年前の前回参院選時より減ったものの、中立が増え、対話重視派が少数であることに変わりはない。

 また安保政策でも、自民が大勝したため当選者の多数が、政権の進める防衛力強化や集団的自衛権の行使容認を後押しする立場だ。特に防衛力強化への賛成派は3年前より増加。集団的自衛権行使の容認派も5割に上った。ただ、連立与党の公明は9割が反対派だ。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料会員登録はこちら

朝日新聞デジタルのサービスご紹介はこちら

選挙などの日程

参院議員選挙公示 7/4(木)
参院議員選挙投開票 7/21(日)
期日前投票期間 7/5(金)〜20(土)
朝日新聞で見る選挙のすべて