メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

参院選一票の格差訴訟、初の口頭弁論始まる 札幌高裁

 「一票の格差」が最大4・77倍だった7月の参院選をめぐり、弁護士グループが全47選挙区を対象に選挙無効を求めた一連の訴訟で、初の口頭弁論が9日、札幌高裁であった。原告側は「選挙区間で投票価値が異なるのは憲法違反だ」と主張。被告の北海道選管側は「選挙制度の見直しには相応の時間がかかる」などと請求棄却を求めた。

 参院選北海道選挙区の議員定数1人あたりの有権者数は、全国最少の鳥取の4・77倍(7月3日現在)で、一票の価値は全国最小だった。鳥取選挙区では約16万票で候補者が当選したのに、北海道選挙区では倍以上の約35万票を獲得した候補者が落選している。

 2010年参院選をめぐる昨年10月の最高裁判決は、参院選では16年ぶりに違憲状態と指摘。都道府県を選挙区とする現行方式の抜本改正を求めたが、国会の是正は4選挙区での「4増4減」にとどまった。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料会員登録はこちら

朝日新聞デジタルのサービスご紹介はこちら

選挙などの日程

参院議員選挙公示 7/4(木)
参院議員選挙投開票 7/21(日)
期日前投票期間 7/5(金)〜20(土)
朝日新聞で見る選挙のすべて