メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

(AJWインタビュー)李元徳氏「日韓で歴史認識再確認を」

写真:李元徳・韓国国民大学教授=ルイス・テンプラード撮影拡大李元徳・韓国国民大学教授=ルイス・テンプラード撮影

 【桜井泉】自民、公明の与党が圧勝した参院選の結果と今後の日韓関係の行方について、戦後日韓関係論が専門の韓国・国民大学の李元徳(イウォンドク)教授に聞いた。

ELECTION ANALYSIS/ Lee Won-deog参院选分析:访日韩关系专家李元徳|Views| 참의원 선거를 마치고 이원덕 국민대학교 교수

 ――安倍首相率いる自民党の勝利をどうみるか。

 日本の有権者はアベノミクスへの期待と政治の安定を望み、自民党に投票した。首相が掲げる憲法改正や歴史認識などの理念を強く支持したわけでは必ずしもない。その意味で日韓関係改善の余地はある。もっとも、近隣国との関係を大切に考える「リベラル派」が高齢化していることや、一部の若者にみられる歴史認識の後退は心配だ。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料会員登録はこちら

朝日新聞デジタルのサービスご紹介はこちら

選挙などの日程

参院議員選挙公示 7/4(木)
参院議員選挙投開票 7/21(日)
期日前投票期間 7/5(金)〜20(土)
朝日新聞で見る選挙のすべて