メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

18歳選挙権

18歳選挙権

関連キーワード

  • 18歳選挙権(2017年10月21日 朝刊)

    従来、選挙で投票できる「選挙権」は20歳以上の国民が持っていた。2007年に成立した憲法改正のための国民投票法で、投票権が18歳以上に認められたことから、選挙権も18歳以上に認めるべきだとの議論がおこり、15年に改正公職選挙法が成立。選挙権の下限が18歳に引き下げられた。国政選挙で初めて対象になったのは16年の参院選で、18、19歳の投票率は46.78%と、全体の投票率54.70%を下回った。衆院選で対象になるのは今回が初めて。

  • 18歳選挙権(2016年02月11日 朝刊)

    昨年6月、改正公職選挙法が成立し、選挙権年齢が20歳以上から18歳以上に引き下げられた。今夏の参院選から適用される見通しで、18、19歳の約240万人が新たに有権者になる。引き下げの対象となるのは、国政選挙、自治体の首長、議員の選挙に加え、農業委員会委員の選挙など。最高裁裁判官の国民審査や、自治体の首長解職や議会解散の請求(リコール)などを受けての住民投票の投票資格も18歳以上になる。

  • 18歳選挙権(2017年10月10日 夕刊)

    従来、選挙で投票できる「選挙権」は20歳以上の国民が持っていた。2007年に成立した憲法改正のための国民投票法で、投票権が18歳以上に認められたことから、選挙権も18歳以上に認めるべきだとの議論がおこり、15年に改正公職選挙法が成立。選挙権の下限が18歳に引き下げられた。国政選挙で初めて対象になったのは16年の参院選で、18、19歳の投票率は46.78%と、全体の投票率54.70%を下回った。衆院選で対象になるのは今回が初めて。

18歳から選挙にGO!

お笑い芸人の庄司智春さんが18歳選挙権を考えます。「投票できるようになりました。だから選挙に行ってね、と急に言われても、自分が18歳だったら正直行かないだろう。ぼくみたいなヤツらの目を覚まさせるには、いったいどうすればいいんだろう」
[こちらから]

18歳・19歳のギモン

18歳・19歳のギモン

6月19日に施行された改正公職選挙法で選挙権を得た18、19歳。参院選の期間を通じ、政治や選挙への疑問に識者が答えます。
[こちらから]

18歳をあるく

【18 私たちも投票します 第4部】 いよいよ選挙 どうやって投票先を選ぶか

【第3部】 投票するために選挙の仕組みを知る

【第2部】 メディアリテラシーを意識しよう

【第1部】 政治の仕組みとは 参加する意味とは

注目ニュース

最新ニュース

「18歳成人」法案、衆院で審議入り(2018/4/25)

 成人年齢を20歳から18歳へ引き下げる民法改正案が24日、衆院本会議で審議入りした。政府は今国会で成立させ、2022年4月の施行を目指す。少子高齢化が進むなか、先行して18歳に引き下げられた選挙権年…[続きを読む]

!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」をリニューアル

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

注目コンテンツ