現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. 第46回総選挙
  3. 注目の当落
  4. 記事
2012年12月16日21時53分
このエントリーをはてなブックマークに追加

自民・堀井学氏が初当選 「最後まで鳩山さんと戦った」

写真:堀井学氏堀井学氏

写真:だるまの頭に金色でVの文字を書き入れ、笑顔をはじけさせる堀井学氏=苫小牧市拡大だるまの頭に金色でVの文字を書き入れ、笑顔をはじけさせる堀井学氏=苫小牧市

 3年3カ月前の政権交代の顔だった鳩山由紀夫元首相が公示直前に突然、引退した北海道9区。鳩山氏との対決が注目されていた自民新顔、堀井学氏(40)が民主前職らを破って初当選を決めた。

北海道9区の開票結果はこちら

 苫小牧市の選対本部事務所で「鳩山さんは目の前からいなくなってしまったが、私は最後まで鳩山さんと戦っていた。(小選挙区制で)初の自民党議席が獲得できてうれしい」と笑顔で語った。

 小選挙区に移行してから過去5回の衆院選で鳩山氏に勝てなかった自民は、五輪スピードスケート500メートル銅メダリストで北海道議だった堀井氏を擁立した。堀井氏は「私は地元育ち。相手はよそから来た大金持ち」と訴えてきた。


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

選挙などの日程

衆院議員選挙公示 12/4(火)
衆院議員選挙投開票 12/16(日)
期日前投票期間 12/5(水)〜15(土)
選挙ステーション
朝日新聞で見る選挙のすべて

Ads by Google