現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. 第46回総選挙
  3. 注目の当落
  4. 記事
2012年12月17日2時10分
このエントリーをはてなブックマークに追加

自民・石原宏高氏が当選 松原氏との4度目の対決制す

写真:石原宏高氏石原宏高氏

写真:松原仁氏松原仁氏

 東京3区の自民元職、石原宏高氏(48)が民主前職、松原仁氏(56)との4度目の対決を制した。

東京3区の開票結果はこちら

 日付が変わった17日午前1時20分すぎ、当選確実の知らせが事務所に伝わると、集まった支持者に深々と頭を下げた。「夜中まで待たせてしまってすみませんでした」

 前回の落選後、スタッフは秘書2人だけになった。「崖っぷち。石にしがみついても勝ちたい」。中小企業をこまめに回り、朝の駅頭に積極的に立った。「石原家の三男」というブランドよりも、「政策で選んでほしい」という思いからだ。石原軍団の有名俳優も今回は姿を見せなかった。

 支持者は返り咲きに盛り上がったが、表情は厳しく「追い風を感じる余裕はなかった」と述べた。


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

選挙などの日程

衆院議員選挙公示 12/4(火)
衆院議員選挙投開票 12/16(日)
期日前投票期間 12/5(水)〜15(土)
選挙ステーション
朝日新聞で見る選挙のすべて

Ads by Google