現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. 第46回総選挙
  3. ニュース
  4. 記事
2012年12月13日03時00分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

世代間格差、減らしたい〈衆院選 答えを探す〉

図:「ワカモノ・マニフェスト」の政策評価拡大「ワカモノ・マニフェスト」の政策評価

写真:カルドン・アズハリさんカルドン・アズハリさん

 【山本奈朱香、野村周】1回衆院選を棄権すると、いくらの損になるのか――。SMBC日興証券のエコノミスト、宮前耕也さん(33)にはじいてもらった。「今の30代で約80万円。20代だと、おそらく100万円近くですね」

 宮前さんの試算はこうだ。内閣府が7年前、一生に払う社会保障費と受け取れる額の差を世代別に出した。当時の20代で1世帯あたりマイナス1660万円。20代は未婚率も高いから1人あたりの数字に近い。平均寿命までに衆院選は約20回。単純計算で1回あたり83万円というわけだ。

 「若い人が選挙に行かないから不公平な予算配分が放置されているという前提です。だから、1人で行ってもダメ。みんなで行って圧力をかけないと」

 ちなみに当時の60代、今の70代はプラス4875万円。格差は約6500万円だ。内閣府は2005年を最後にこうした試算を公表していない。

 先月30日夜。東京都内の大学の教室で「ぬけがけワカモノ総選挙」というイベントがあった。「自分たちのことを考えている政党はどこか。考える材料にしてほしい」。約60人の参加者を前に千葉県松戸市職員の高橋亮平さん(36)が呼びかけた。若手大学教員らでつくる「ワカモノ・マニフェスト策定委員会」の主催。世代間格差の是正を目指して08年から活動を続ける。高橋さんもメンバーだ。

 この団体が、衆院解散時点での主要政党の主張を(1)労働・雇用(2)財政・社会保障(3)政治参画について「格差を改善する気がどこまであるか」で点数化。その結果=図=をプロジェクターに映し出した。

 財政と社会保障政策は、維新の「規制緩和による競争力重視」、民主の「増税スケジュールの明記」が高得点につながった。「ただ、社会保障の抜本的改革に踏み込む政党はあまりなかった」と高橋さん。政治参画では「積極的に打ち出す政党がほとんどない」と断った上で、18歳からの選挙権付与やインターネット選挙の解禁を打ち出した社民と公明を上位にした。

 イベントの後、高橋さんが口にした。「日本と違ってスウェーデンはすごい」

 調べてみると、10年にスウェーデンであった総選挙で18〜22歳の投票率は79%。同じ年に日本であった参院選は20〜24歳の投票率が34%。大きな違いだ。

 早速、東京・六本木のスウェーデン大使館へ。3等書記官のルイーズ・ヤルデスタッドさん(33)が解説してくれた。「各政党に子どもも参加できる下部組織があり、活発。若いときから政治への関心が高まる要因です」。党首討論の前に青年組織のリーダーの討論もあってテレビ中継され、大いに盛り上がる。選挙権を持たない子どもの模擬投票もあり、10年は約36万人の中高生が投票した。

 ストックホルム大の客員研究員だった宮本太郎・北海道大大学院教授(福祉政策論)は言う。「政治参加へのトレーニングを積んだ若者がいる。これは政治家にとって侮れないと思う」

■「投票が若者を変える」

 若者らがデモなどを繰り広げ、政権を交代させたのが「アラブの春」だ。今も内戦が続くシリア出身のジャーナリスト、カルドン・アズハリさんは、若者が政治に関心を示さない日本をどう見るのか。

 「アラブの若者たちは、命をかけて制度を変えようとした。日本の若者は命をかけずとも、いくらでも変化させられるはずだ」

 20年以上日本に住み、アラブの国々にニュースを配信してきた。まず挙げたのが政党の責任だ。「日本社会は大きく変わった。政治は政党名が変わっただけで結局変化していない。国民との間のギャップにも気づいていないと感じる」。勢いのある若手政治家が登場しても、次第に政党の古い体質に取り込まれ、官僚主義的になる。「アラブの独裁政権は市民を肉体的に殺すけど、日本の政治は若い政治家の心を殺してしまう。若者が政治に距離感を抱く要因の一つだろう」

 一方で、問題に向き合わない若者にも歯がゆさを感じる。「将来起こる問題は今のうちに解決しないと。投票に行かないということは、問題が起きた時の責めは自分で負うということを自覚すべきだ」

=おわり

検索フォーム

記事一覧


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

選挙などの日程

衆院議員選挙公示 12/4(火)
衆院議員選挙投開票 12/16(日)
期日前投票期間 12/5(水)〜15(土)
選挙ステーション
朝日新聞で見る選挙のすべて

Ads by Google