現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. 第46回総選挙
  3. ニュース
  4. 記事
2012年12月17日3時4分
このエントリーをはてなブックマークに追加

菅前首相、比例区ギリギリ復活当選 小選挙区では敗れる

写真:菅直人氏菅直人氏

写真:小選挙区で落ち、比例で復活当選するも厳しい表情で頭を下げる菅直人氏=17日午前3時31分、東京都府中市、白井伸洋撮影拡大小選挙区で落ち、比例で復活当選するも厳しい表情で頭を下げる菅直人氏=17日午前3時31分、東京都府中市、白井伸洋撮影

 東京18区の民主前職、菅直人前首相(66)が自民元職の土屋正忠氏(70)に敗れ、小選挙区で落選、比例区で復活当選した。

東京18区の開票結果はこちら

 16日夜、菅氏の事務所に集った支援者約20人から「ああ」とため息がもれた。17日午前2時すぎまで本人は姿を見せず、本人があいさつする予定の場所には、選挙運動中に使ったビールケース製の演説台が置かれていた。台には赤字で「原発ゼロ」と書かれていた。

 これまでの選挙戦では「党の顔」として全国応援に大半をあてたが、民主に逆風が吹いた今回は解散直後から地元に密着。連日のように街頭に立ち、「原発ゼロを実現するため、1票差でもいいから勝たせてほしい」などと訴えた。

 が、民主を除籍になった前職、横粂勝仁氏(31)が無所属で立候補。民主の府中市議だった杉村康之氏(43)も未来で立候補し、無党派層の票を奪われた。

 首相時代の東京電力福島第一原発事故への対応を批判する声も出ていた。

記事一覧


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

選挙などの日程

衆院議員選挙公示 12/4(火)
衆院議員選挙投開票 12/16(日)
期日前投票期間 12/5(水)〜15(土)
選挙ステーション
朝日新聞で見る選挙のすべて

Ads by Google