アサヒ・コム 2005総選挙 このサイトの使い方へ 検索へジャンプ メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

社会   スポーツ   ビジネス   暮らし   政治   国際    文化・芸能    ENGLISH   マイタウン

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ  >  2005総選挙 >  地方ニュース >  福岡記事
【福岡】

党首級、次々福岡入り 接戦区にテコ入れ

2005年09月09日

 選挙戦は最終盤を迎え、8日、自民、民主両党の党首級が次々に福岡入りし、両党候補の接戦が伝えられる選挙区を中心に懸命のテコ入れを図った。「郵政」一本で攻める自民、小泉政権そのものを争点にしたい民主と、違いが際だった。

 8日午前。自民党の安倍晋三・幹事長代理が9区と10区でマイクを握った。平日ながら、それぞれ数百人の聴衆を集めた。

 9区で最も有権者が多い八幡西区の街頭。安倍氏は「郵便局が持つ公的な役割や地域のネットワークは守る。ただ、民営化を先送りし、税金を投入した国鉄と同じ過ちをしてもいいのか」と郵政民営化の必要性を訴えた。

 続いて「自民党は改革に命がけの覚悟を示したが、民主党は改革を進める能力も覚悟もない」と痛烈に批判。最後に「改革にイエース!」と連呼して拍手を浴びた。

 前回選挙では自民が約3500票の小差で敗れただけに、9区は今回も「重点支援区」に指定されている。

 民主党も8日、幹部2人が福岡入りし、小選挙区候補のテコ入れに奔走した。小沢一郎・副代表は2区、菅直人前代表は4、8、3区と精力的に駆け回った。同党は苦戦が伝えられるが、両氏は郵政改革一本やりの小泉政権との違いを際だたせる手法で反転攻勢を試みた。

 同日午後、2区の民主新顔の応援に福岡滞在約1時間という強行軍で駆けつけた小沢氏は、城南区のすし店前にできた約800人の人垣の中で小泉政権批判を繰り広げた。

 郵政、年金、外交問題を次々に挙げ、「国民の目を引く小泉的ショーは別にして、冷静に考えてみてください」と投げかけると、聴衆から拍手がわいた。

 同候補の陣営は「予想以上の人出だった。小沢さんの歯切れのいい演説で、最終盤の流れを変えられたのでは」と期待感を示した。

 菅氏は、長崎県内での応援演説を終えてヘリで福岡空港に移動。車で3選挙区を回った。

 8区では、同党新顔の応援で直方市のJR直方駅前で15分ほどマイクを握り、小沢氏同様、財政、年金など多様な論点を示した。

 小泉首相が争点に郵政民営化に絞っている点を「手品と同じ。片方の手に注目を引きつけておいて、一方の手でほかの大事な問題をポケットにしまい込んでいる。だまされてはいけない」と批判した。

 同区の民主候補は現職大臣を相手に劣勢が伝えられるが、「当選圏に迫ってほしい」と駆けつけた菅氏の話に、笑いや激励の声が飛び交った。

 一方、社民党の渕上貞雄・副党首も8日、10区の新顔の応援に入った。街頭には立たず、候補者に同行して企業や労組などへのあいさつ回りを重ねた。


ここから検索メニュー

検索 使い方

検索メニュー終わり

選挙速報は携帯でも

»詳しくはこちらから

Flash

カギを握る4つの数字

総選挙後の国会勢力

総選挙の構図

郵政反対の自民前職
がいる選挙区の構図

党首の訴え

7党首の演説・記者
会見の内容は

マニフェスト

年表

郵政民営化Q&A

選挙CD-ROM商品

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.