アサヒ・コム 2005総選挙 このサイトの使い方へ 検索へジャンプ メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

社会   スポーツ   ビジネス   暮らし   政治   国際    文化・芸能    ENGLISH   マイタウン

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ  >  2005総選挙 >  地方ニュース >  福島記事
【福島】

全選挙区で自・民争う 15人が立候補予定

2005年08月29日

 第44回総選挙が30日、公示される。県内五つの選挙区から前職7人、新顔8人の計15人が立候補を予定している。今回は初めて、すべての選挙区で自民と民主が候補者を擁立して争う。共産は福島3区を除く四つの選挙区で、国民新党も福島5区でそれぞれ擁立する。「郵政民営化」を公約に掲げる自民に対し、「年金」や「子育て」などを争点に政権選択を迫る民主。県内でも前回同様、接戦が予想される。投票は9月11日、即日開票される。

 ●1区

 1区は、コスタリカ方式で自民支持票を一本化した亀岡偉民氏と民主の石原信市郎氏、共産の山田裕氏の新顔3人が争う見通し。

 亀岡氏は連日、精力的に集会を重ねている。自民の公認とコスタリカ方式の採用で陣営がやや緩みかけたため、引き締めに力を入れる。比例区に回った佐藤剛男氏の陣営と融和を図っている。

 石原氏は、連合組織の協力も得て「捨て身の覚悟」(陣営)で走り回っている。亀岡氏の地盤である伊達郡も精力的に回り、集会などで「若さ」をアピール。社民支持層の取り込みも狙う。

 山田氏は、街頭演説や集会で、繰り返し小泉政権を批判している。年金や医療、福祉問題などで党の政策を強調し、小泉政権に批判的な市民層の支持を一手に集めようとの構えだ。

 ●2区

 2区は、自民前職の根本匠氏、民主前職の増子輝彦氏、共産新顔の佐藤克朗氏の争いで、激戦が予想される。

 根本氏は、前回(03年)の総選挙で、前々回(00年)から得票を8千票近く減らした。党広報本部長の肩書を持つが、今回の選挙戦は地元に残り、各地域の後援会などにあいさつ回りを続けて地盤固めを図る。

 増子氏は、会社の朝礼や地域の行事にもこまめに顔を出すなど、精力的に歩いている。前回の総選挙では、郡山市で根本氏に約3700票差まで詰め寄った。今回は安達郡にも事務所を設け、てこ入れを図る。

 佐藤氏は、1日10カ所以上で「辻立ち」し、平和憲法を守ることや、消費税やサラリーマン増税の反対などを訴える。前回、共産党候補が獲得した1万票弱からの上積みを狙う。

 ●3区

 3区は、党本部の調整で「国替え」となった比例区北関東ブロック選出の自民前職、蓮実進氏が、民主前職の玄葉光一郎氏に挑む構図になりそうだ。

 「国替え」決定が20日と出遅れた蓮実氏は、白河市内に拠点事務所を置き、党支部組織の後押しを受けて選挙準備を進めている。「まだ、名前も顔も売れていない」ため、事務所開きも中止し、選挙区内のあいさつ回りをこなす。

 玄葉氏は、激戦で培ってきた後援会など、厚い支持基盤がある。陣営幹部は「百獣の王ライオンになるような選挙戦に」。党本部選対委員長のため、地元入りは少なくなるが「今まで以上に奥さんに前面に出てもらって乗り切る」という。

 ●4区

 4区は、民主の前職、渡部恒三氏に自民の渡部篤氏と共産の原田俊広氏の両新顔が挑む戦いになりそうだ。

 連続13回目の当選を目指す渡部恒三氏は「政権交代」を訴える。これまで、高い知名度と強固な後援会組織に加え、公明の推薦を受けてきたが、今回は公明が渡部篤氏を推薦。「厳しい選挙になる」として、24日に田島町で「南会津郡総決起大会」を開くなど陣営を引き締めている。

 渡部篤氏は、4期目の県議を辞職して立候補する。「自民の議席奪回」と「世代交代」を掲げ、選挙区内でこまめに演説会を開いている。28日に、会津若松市内で総決起大会を開くなど、自民支持層の一本化を進めている。さらに、公明の推薦を得て支持層拡大を図っている。

 原田氏は、5回目の挑戦。宣伝カーで街頭演説を重ね、「大増税に反対し、憲法を守る確かな野党は共産党」と訴えている。

 ●5区

 5区は、自民前職の吉野正芳氏と民主前職の吉田泉氏、共産新顔の吉田英策氏、国民新党新顔の鈴木工氏の4人による戦いとなりそうだ。

 前職の坂本剛二氏とコスタリカ方式を取る吉野氏は、5年ぶりの小選挙区に挑む。いわき市長選で新顔を支援していた吉野氏は、現職を推薦する党いわき総支部の決定に反していたが、解散後に方針転換。自民支持層の結集を呼びかける。

 民主の吉田氏は、前回の総選挙で比例区で復活当選。個人後援会と連合傘下の労組、民主支持者らを軸に、無党派層の取り込みを目指す。「小選挙区で勝って、民主党による政権交代を実現させよう」と意気込む。

 共産の吉田氏は「健全な野党が必要だ」として、街頭演説を中心に党への支持を呼びかける。比例区での得票の上積みにも精力的に取り組む。

 25日に立候補が決まったばかりの鈴木氏は、県議時代の後援会の会員らに支援を求めながら、選挙態勢づくりを進める。


ここから検索メニュー

検索 使い方

検索メニュー終わり

選挙速報は携帯でも

»詳しくはこちらから

Flash

カギを握る4つの数字

総選挙後の国会勢力

総選挙の構図

郵政反対の自民前職
がいる選挙区の構図

党首の訴え

7党首の演説・記者
会見の内容は

マニフェスト

年表

郵政民営化Q&A

選挙CD-ROM商品

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.