アサヒ・コム 2005総選挙 このサイトの使い方へ 検索へジャンプ メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

社会   スポーツ   ビジネス   暮らし   政治   国際    文化・芸能    ENGLISH   マイタウン

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ  >  2005総選挙 >  地方ニュース >  岐阜記事
【岐阜】

1区公開討論 4氏持論ぶつける

2005年08月28日

 27日に岐阜市学園町3丁目の県民文化ホール未来会館で開かれた衆院岐阜1区の公開討論会では、自民の佐藤ゆかり、民主の柴橋正直、共産の小川理、無所属の野田聖子の4氏がそろい、持論をぶつけ合った。

 市民団体「リンカーンフォーラム中部」(代表=児玉克哉・三重大教授)の主催。佐藤氏と野田氏は所用で約30分遅れて会場入りした。

 会場となったホールは約250人の有権者で満席。立ち見の人や、客席に入ることができず、1階のテレビ画面で討論を見守る人もいた。

 社会保障制度改革や安全保障問題、郵政民営化をテーマに、有権者も主催者側からの質問に「○」「×」のカードを掲げて答える形で参加した。

 縫製業を営む岐阜市の平井幸子さん(66)は「岐阜の繊維業がよくなるように、きちんと候補者を選びたい」と来場。討論会の終了後、「遅刻した人がいたのが残念だけど、肉声で意見を聞けてよかった」と話した。

【郵政民営化問題をめぐる4氏の主張】

佐藤ゆかり氏 

成立後に見直しも必要だが、理念にも法案にも賛成。少子高齢化が進む前に、正しいタイミングで政策を通す能力が問われている。

柴橋正直氏

国の無駄遣いをなくすのが本来の目的。郵政事業は維持し、郵貯と簡保を縮小する。それから民営化を議論する。財政再建を第一に考えるべきだ。

小川理氏

真っ向から反対。民営化を求めるのは大銀行と生保会社。郵政公社には税金が使われておらず、郵貯をリスクにさらしてはいけない。

野田聖子氏

民営化と法案は大きく違う。法案では特殊法人を支える財投債が残り、当初の理念と違う。成立後に見直す余裕はなく、丁寧な議論が必要だ。


ここから検索メニュー

検索 使い方

検索メニュー終わり

選挙速報は携帯でも

»詳しくはこちらから

Flash

カギを握る4つの数字

総選挙後の国会勢力

総選挙の構図

郵政反対の自民前職
がいる選挙区の構図

党首の訴え

7党首の演説・記者
会見の内容は

マニフェスト

年表

郵政民営化Q&A

選挙CD-ROM商品

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.