アサヒ・コム 2005総選挙 このサイトの使い方へ 検索へジャンプ メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

社会   スポーツ   ビジネス   暮らし   政治   国際    文化・芸能    ENGLISH   マイタウン

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ  >  2005総選挙 >  地方ニュース >  岐阜記事
【岐阜】

走行250キロ 候補者へとへと 4区同行ルポ

2005年09月04日

 衆院選の投票日まで、あと1週間。各陣営のマイクを握る手、スピーカーから流れる声、有権者に振る腕に力がこもる。岐阜4区で、佳境に入った選挙戦に臨む、ある新顔候補の1日を追った。

 午前6時20分

 候補者を乗せた選挙カーが、可児市の選挙事務所を出発。この日は、約60キロ離れた下呂市が始動地点。前夜も遅くまでミーティングをしていた候補者には、移動の車中も大事な休息場所だ。

 午前8時

 下呂市に入る。選挙カーのスピーカーのスイッチを入れ、街宣開始。まずは、約35年のキャリアがある女性がマイクを握る。「朝からお騒がせしております」

 細く急な山道に入る。山に囲まれた四つ辻で街頭演説。しかし、遠くに数軒見える民家に人の姿はない。「ご静聴ありがとうございました」。遠くからこだまが返ってきた。

 午前11時

 下呂市の特定郵便局前。15人の支持者が集まっている。先導役の男性が電話で呼んだという。出てきた郵便局員以外はみんな女性だ。電話が30分前にあったという女性(51)は「この選挙で初めて候補者が来た。うれしいね」。

 午後1時

 昼食を済ませ、再び選挙カーへ。女性運動員は「お昼から午後の3時、4時までが眠いのよね」。

 午後2時40分

 この日のコースで一番にぎやかなJR下呂駅近くに到着。水を浸したタオルで顔をふき、候補者が車を降りて握手に走る。でも、ほとんど人は出てこない。時たま道ばたを歩いている観光客に呼びかけるのが精いっぱいだ。

 午後4時半

 候補者がダウン。睡眠不足からくるめまいと、助手席の窓から体を乗り出す不自然な姿勢で、腰痛に耐えきれなくなった。

 後続の乗用車でぐったり。「本当にこれ、意味あるのかな」。ため息をつき、間もなく眠りに落ちた。寝顔を横目に、ベテランの女性運動員は「新人は名前を覚えてもらうのが一番。街宣は絶対必要よ」。

 午後5時半

 下呂市小坂町。支持者宅を一軒一軒、回った後、食堂で演説会を兼ねた食事会に。

 午後7時

 急いで選挙カーを走らせる。もう政策については話さず、候補者名を連呼するだけ。「時速20キロ程度じゃないと名前以外は音が届かないから」

 午後8時

 街宣活動終了。朝からの走行距離は約250キロ。運転を担当した代行運転手が本業の男性(33)は「仕事でいろいろ運転してきたけど、こんなに疲れることはなかったね」。

  ◆  ◆  ◆

 この日、候補者は車からの乗り降りを約20回繰り返した。降りても歩き回れるのは1回5分程度。大急ぎで車を走らせたが目標の範囲の3分の2しか回れなかった。前日は郡上市周辺、前々日は高山市周辺を走ったが、どの地区も予定したすべては回りきれなかったという。

 「4区は本当に広い。けど人が集まる場所が少ない。残り期間、必死でやります」。候補者は痛む腰に手をやりながら、翌日の始動地点である郡上市の宿泊先へ、休む間もなく向かって行った。


ここから検索メニュー

検索 使い方

検索メニュー終わり

選挙速報は携帯でも

»詳しくはこちらから

Flash

カギを握る4つの数字

総選挙後の国会勢力

総選挙の構図

郵政反対の自民前職
がいる選挙区の構図

党首の訴え

7党首の演説・記者
会見の内容は

マニフェスト

年表

郵政民営化Q&A

選挙CD-ROM商品

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.