アサヒ・コム 2005総選挙 このサイトの使い方へ 検索へジャンプ メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

社会   スポーツ   ビジネス   暮らし   政治   国際    文化・芸能    ENGLISH   マイタウン

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ  >  2005総選挙 >  地方ニュース >  岐阜記事
【岐阜】

野田氏対抗馬、外資系の女性エコノミスト 佐藤ゆかり氏

2005年08月21日

 郵政民営化法案反対派の代表格の野田聖子氏(44)の地元、岐阜1区に、自民党執行部が送り込む候補がついに決まった。東京都出身のエコノミスト、佐藤ゆかり氏(44)。主な立候補予定者が出そろい、総選挙に向けた準備にますます熱が入っている。

 20日夜、党本部で記者会見した佐藤氏は、「野田聖子先生は、大変尊敬を申し上げている。ジェンダーの戦いではなく、政策の戦い」と強調した。小泉首相から「みんなの心をしっかりとらえるように頑張ってください」と言われたという。

 佐藤氏は、米ニューヨーク大で経済学博士号を取得し、04年からクレディ・スイス・ファースト・ボストン証券のチーフエコノミスト。自民党の政務調査会財政改革研究会アドバイザーも務める。今年4月、新聞社の取材で郵政民営化について「国債消化を優先し、金融の効率化が期待できない」として、「50点」と採点していた。

 一方、野田氏は午後8時すぎ、岐阜市内の盆踊り会場に向かう途中の車内で、夫の鶴保庸介参院議員から電話で連絡を受けたという。事務所に戻り、「この世に生まれて自民党しか知らない。私は自民党という自負があるので、自分の選挙をするだけ」と語った。

 党岐阜県連の坂志郎総務会長は「今まで一緒に泣いたり笑ったりしてきた人が、佐藤さんに乗り換えるわけはない。岐阜の人はそんなに人情は薄くない」と言い切った。

 岐阜1区から立候補する予定の民主党の柴橋正直氏(26)は「これまで相手が見えず、陣営も困惑していた。どんな相手でも自分のスタイルを貫くだけ」。共産党公認の小川理氏(52)は「やっと自民党の公認候補が現れて、チャンス到来と思っている」と話した。


ここから検索メニュー

検索 使い方

検索メニュー終わり

選挙速報は携帯でも

»詳しくはこちらから

Flash

カギを握る4つの数字

総選挙後の国会勢力

総選挙の構図

郵政反対の自民前職
がいる選挙区の構図

党首の訴え

7党首の演説・記者
会見の内容は

マニフェスト

年表

郵政民営化Q&A

選挙CD-ROM商品

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.