アサヒ・コム 2005総選挙 このサイトの使い方へ 検索へジャンプ メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

社会   スポーツ   ビジネス   暮らし   政治   国際    文化・芸能    ENGLISH   マイタウン

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ  >  2005総選挙 >  地方ニュース >  岐阜記事
【岐阜】

選挙違反再発防げ 各陣営、あの手この手

2005年08月26日

 03年の総選挙以降、公職選挙法違反が原因で「バッジ」を失った衆院議員が相次いだ。カネを配ったり、飲ませ食わせをしたりなど旧来の違反行為だけでなく、アルバイトを使った電話作戦も違反となった。不祥事を起こした選挙区では「清潔な運動を」「再び違反者を出さないように」などと、ピリピリしている。

 ◇宮城1区・2区

 宮城1区と2区では、前回総選挙で陣営幹部が有償の電話作戦をしたとして公選法違反に問われ、民主党の今野東、鎌田さゆり両衆院議員が辞職に追い込まれた。これを踏まえ、連合宮城は23日、仙台市内で構成組織の幹部を対象に公選法の勉強会を開いた。

 参加者は約30人。顧問弁護士が「選挙違反自体に国民の厳しい目が向けられている。違反を絶対しないという意識が必要だ」と力説した。

 講演では、運動員に法定外の支出をする「運動買収」について、詳しく解説された。弁護士は「コンビニで買ってきたペットボトル飲料を出すのも法律上はグレーゾーンだと思う」との見解を示し、注意を促した。

 幹部からは「機関誌の記事は公示前と後で扱いが違うのか」「室内用ポスターを会社の外壁に並べて張るのは大丈夫か」などの質問が相次いだ。

 また、民主党が作成した「だれでもできる、応援の手引き」という手帳サイズのパンフレットも配られた。「候補予定者を呼んで話を聞こう」「ビラ配りなどで積極的に支持を拡大」など17項目の「できること」を紹介。あの手この手で違反に注意を呼びかける。

 連合宮城の幹部は「もう選挙違反は関係ない」と今回も、組織をフル回転させる考えだ。

 ◇愛知15区

 同じく有償の電話作戦のアルバイトがもとで辞職した都築譲・元衆院議員(民主党)が前回立候補した愛知15区。民主党新顔の森本和義氏(39)は今回、公募で選ばれた。

 森本氏は前議員の秘書を務めていた。陣営ではボランティアを一括管理する「ボランティアセンター」を設け、調整役の「コーディネーター」を置くなど、細心の注意を払う。コンプライアンス委員会も作り、選挙運動全体を監視して清潔な選挙をアピールする。

 ◇岐阜1区

 岐阜1区の民主党新顔柴橋正直氏(26)の陣営では、解散直後、選挙担当者に法令順守を徹底した。前回落選した同党の候補者が選挙後、公選法違反で逮捕された。

 同区には無所属で立つ前職の野田聖子氏(44)と自民公認の佐藤ゆかり氏(44)がいる。

 「自民が分裂し、議席獲得へのチャンス。小さな違反でも絶対にいかん」と陣営幹部。柴橋氏も「足元に注意しながら、選挙を戦いたい」と気を引き締める。

 自民党の元衆院議員吉田幸弘氏と同党の愛知県議3人、名古屋市議2人が逮捕された愛知3区。選挙区内には、自民党の地方議員は名古屋市議2人しかいないうえ、1人は病気療養中だ。

 解散後、同党から立候補が決まった馬渡龍治氏(48)は「100人の集会を1回ではなく、10人の集会を10回とこまめな回り方で浸透させるしかない」と話す。


ここから検索メニュー

検索 使い方

検索メニュー終わり

選挙速報は携帯でも

»詳しくはこちらから

Flash

カギを握る4つの数字

総選挙後の国会勢力

総選挙の構図

郵政反対の自民前職
がいる選挙区の構図

党首の訴え

7党首の演説・記者
会見の内容は

マニフェスト

年表

郵政民営化Q&A

選挙CD-ROM商品

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.