アサヒ・コム 2005総選挙 このサイトの使い方へ 検索へジャンプ メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

社会   スポーツ   ビジネス   暮らし   政治   国際    文化・芸能    ENGLISH   マイタウン

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ  >  2005総選挙 >  地方ニュース >  群馬記事
【群馬】

大安の日曜逃すな 事務所開き、候補予定者街頭へ

2005年08月22日

 ゲンを担いで事務所開きに臨んだのは、多くが自民前職の陣営だ。公明県本部の幹部が同席した式もあり、「協力関係も6年。比例は公明へ」などとアピールしていた。

 笹川尭氏(2区)は桐生市で、300人を超す支持者を集め、事務所開きと役員会を開いた。一度は比例区転出を表明した笹川氏。後援会幹部は「支持者から、比例区だから選挙はしなくていいのでは? と言われる」とあいさつし、少なからず影響があるのを示唆。「自民の議席を、私の代で失うのは絶対許されない」と危機感を訴えた。

 谷津義男氏(3区)は、館林市の富士嶽神社境内で関係者を集めて厳かに神事を執り行い、続いて社務所を借り、事務所開きをした。クーラーがなく、2台の扇風機がフル回転していた。

 小渕優子氏(5区)も渋川市に開いた事務所で、関係者のみの神事に続き、選対本部会議を開いた。

 民主の各陣営は、週末に事務所の引っ越しが集中した一方で、立候補予定者は街頭演説で奔走した。県内入りした党本部の仙谷由人政調会長が「重点区」と位置づけた1区と2区内の前橋、伊勢崎両市で応援演説に立った。

 仙谷氏は「本当に困った時、困った人を助けるのが国家。それをせず、郵政民営化という帽子をかぶっていればいいのか」と小泉政権を批判。年金など生活に密着した改革を優先すべきだと主張した。

 共産の各陣営は、街頭演説や集会で支持拡大を訴えた。

 19日に立候補を表明したばかりの社民の土屋富久氏(1区)は終日、地域のあいさつ回り。「事務所を大急ぎで探している」という。


ここから検索メニュー

検索 使い方

検索メニュー終わり

選挙速報は携帯でも

»詳しくはこちらから

Flash

カギを握る4つの数字

総選挙後の国会勢力

総選挙の構図

郵政反対の自民前職
がいる選挙区の構図

党首の訴え

7党首の演説・記者
会見の内容は

マニフェスト

年表

郵政民営化Q&A

選挙CD-ROM商品

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.