アサヒ・コム 2005総選挙 このサイトの使い方へ 検索へジャンプ メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

社会   スポーツ   ビジネス   暮らし   政治   国際    文化・芸能    ENGLISH   マイタウン

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ  >  2005総選挙 >  地方ニュース >  群馬記事
【群馬】

個人情報保護、票集めに変化

2005年09月09日

写真

選挙事務所の受付場所に、来場者カードの使用目的がきちんと明示してあった陣営も

 電話作戦や支持者カード集めなど、おなじみの選挙手法が個人情報保護法の施行をきっかけに変わりつつある。衆院選の陣営では、集めた個人情報の取り扱い要項(プライバシーポリシー)を明示したり、やみくもな訴えはイメージダウンにつながる恐れがあると、電話作戦を取りやめたりしている。

 票集めの一つの参考材料が、後援会入会申し込みカード(支持者カード)だ。名前と住所、連絡先を書いた用紙を陣営が回収する。ある保守系陣営では、個人情報に関する質問を受けることが多くなったため、事務所の受付に選挙活動以外に使用しないと明示したプレートを置いた。

 また、電話帳や手に入れた名簿をもとに、片っ端から支持を訴える電話作戦も今回からやめた。

 陣営の事務責任者は「最近は電話帳に載せない人が多く、『なぜウチの番号を知っているのか』と逆に質問される。答えに窮する選挙ボランティアがたじたじになる」。疑念を持たれると候補のイメージダウンにもなりかねないと判断したという。

 ある新顔陣営も電話作戦に使う同窓会名簿を、事務所のスタッフの出身校だけに限定した。「名簿を持っている理由を説明できないと怪しまれる。連絡したい学校の卒業生はいくらでもいるが、我慢ですよ」

 別の保守系陣営では支持者カードを集めているものの、票読みの参考にしていない。若い人を中心に個人情報を理由に書かない人が増え、「すでに役割は終えた」との認識だ。組織票固めの「定番」が、時代とともに廃れている。

 ただ廃止は考えていないという。陣営幹部は「カード集めが生きがい、という熱心な支持者の仕事を奪えない。選挙運動に盛り上げるためには必要なんですよ」。


ここから検索メニュー

検索 使い方

検索メニュー終わり

選挙速報は携帯でも

»詳しくはこちらから

Flash

カギを握る4つの数字

総選挙後の国会勢力

総選挙の構図

郵政反対の自民前職
がいる選挙区の構図

党首の訴え

7党首の演説・記者
会見の内容は

マニフェスト

年表

郵政民営化Q&A

選挙CD-ROM商品

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.