アサヒ・コム 2005総選挙 このサイトの使い方へ 検索へジャンプ メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

社会   スポーツ   ビジネス   暮らし   政治   国際    文化・芸能    ENGLISH   マイタウン

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ  >  2005総選挙 >  地方ニュース >  鹿児島記事
【鹿児島】

造反組を全面支援 九州の「大樹」

2005年08月21日

 特定郵便局長OBらでつくる政治団体「大樹(たいじゅ)」の県支部のうち、鹿児島は郵政民営化法案に賛成した自民党の前職を総選挙で支援せず、宮崎では造反組への同党の対立候補を応援しない方針であることがわかった。造反した前職は九州の全支部が全面支援する一方、自民公認に対しては「自主投票」と「支援しない」に割れている。

 大樹はこれまで自民党を全面支援してきたが、次の総選挙では支部に判断を任せる自主投票とし、造反組は全面支援する方針を決めている。

 朝日新聞の調べによると、鹿児島県支部は自民で法案に反対した2人を支援し、賛成した自民前職の2人は支援をやめる。吉野富夫支部長は「県議会も法案反対の意見書を可決しており、賛成した議員は支援できない」と語る。

 宮崎県支部も造反した2前職を全面支援し、自民公認の対立候補は応援しない。三浦真志事務局長は「反対した2人が大きな犠牲を払ったので報いたい」という。

 福岡、大分県支部は造反組は全面支援とし、賛成や棄権した前職は自主投票にした。福岡県の内山有道支部長は「法案の賛否を問う選挙になる以上、こうせざるをえない」と話す。

 山口、沖縄両県支部は自主投票となる見通し。沖縄のある幹部は「賛成前職に厳しくとの声があるが、選挙の課題は郵政だけではない。県議との関係で選挙を手伝わないといけない事情もある」と話す。


ここから検索メニュー

検索 使い方

検索メニュー終わり

選挙速報は携帯でも

»詳しくはこちらから

Flash

カギを握る4つの数字

総選挙後の国会勢力

総選挙の構図

郵政反対の自民前職
がいる選挙区の構図

党首の訴え

7党首の演説・記者
会見の内容は

マニフェスト

年表

郵政民営化Q&A

選挙CD-ROM商品

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.