アサヒ・コム 2005総選挙 このサイトの使い方へ 検索へジャンプ メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

社会   スポーツ   ビジネス   暮らし   政治   国際    文化・芸能    ENGLISH   マイタウン

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ  >  2005総選挙 >  地方ニュース >  鹿児島記事
【鹿児島】

激戦区ルポ〈2区〉 「谷山地区」浮動票に照準

2005年09月04日

 「よろしく、お願いします」。8月下旬、名瀬市。鹿児島2区の選挙戦の立候補予定者の宣伝カーが市街地を通り抜けるのを横目に見ながら、50代の男性タクシー運転手はつぶやいた。

 「私は根っからの自民だけど、今回の選挙は困ったね。保守から2人出るのは珍しいからね。徳田さんも自民と協力してきたしね。だれに入れればいいのか……」

 自由連合と自民の事実上の一騎打ちが続いてきた鹿児島2区は今回、戦いの構図が大きく変わった。自由連合代表の徳田虎雄氏が病気療養のため引退し、次男の毅氏が民主推薦の無所属で出馬。

 自民党県連も昨年夏の知事選の内部対立を引きずり、候補を一本化できずに選挙戦に突入。党本部とのパイプのある元職の園田修光氏が公認候補として、2区内の県議のほとんどが支持した元県議の打越明司氏が無所属で出馬することになった。保守が分裂する三つどもえの戦いになった。 名瀬市の60代の理髪店経営の男性は「今回は単純に公認だから、無所属だからと所属で決められない。奄美に何をしてくれるか見極めたい」と厳しい顔で語った。

   ■   ■

 3候補は、打越氏が指宿地区、園田氏が谷山地区、徳田氏が奄美とそれぞれ異なった地盤を持つ。

 先月27日の名瀬市。約500人が集まった街頭で、徳田氏は支持者に指を一本たてるように呼びかけ「島の心はひとつ」と大声で連呼し、自民支持層も含む島民の団結を訴えた。

 陣営幹部は「我々は奄美をまず固める。まずは群島でどれだけ『貯金』をためられるかが勝負だ」と言い切る。

 支持基盤は虎雄氏から引きついだ後援会組織だが集会のたびに島育ちであることを強調。「島人の宝」をテーマソングにして駆け回る。軽飛行機で群島内を移動し、1日に5、6市町村で集会を開く。虎雄氏が理事長を務める病院職員も各地から駆けつけて集会の準備などに奔走する分厚い支援態勢をしく。

 谷山を地盤にする園田氏は自民公認の強みを生かして谷山地区の医師会や農協、建設業者らの支援をとりつけた。支持の徹底を図るため、農協関係者や建設関係者への小集会を重ね、支持が浸透してない地域はビラ配りを徹底。園田氏本人も公示前は集中的に谷山地区をまわり夜遅くまで小集会を開いて支持固めに奔走した。

 指宿市郡を地盤にする打越氏の陣営は後援会の役員を中心に草の根選挙で支持を訴えてきた。後援会の青年部員も早朝1時間、国道226号の主要交差点に立って支持を訴え、打越氏の妻も地元の企業をまわる熱の入れようだ。後援会幹部は「指宿市郡では、ほぼ組織を固めた」と自信をみせる。

   ■   ■

「最後は浮動票の多い谷山が勝負になる」と各陣営はみる。谷山地区は地区外からの移住者や若者が多く最も票が読みにくい地域だ。「風」によっても大きく左右されるだけに各陣営とも神経をとがらせる。

 公示日の30日。3陣営はにらむようにこぞって谷山に集結、出陣式で第一声を上げた。徳田陣営は、34歳という若さを強調して若者の支持を得る戦略を描いている。34の文字が大きく描かれたTシャツを着た陣営の若手スタッフを街頭演説に同行させる演出を続ける。推薦を得た民主党の幹部や芸能人などの応援演説も予定し、終盤に追い込みをかける構えだ。

 「公認の強みを生かし党本部の幹部の応援で風を吹かせたい。できれば小泉首相に来てもらい東京まで押し上げてもらいたい」。園田氏の陣営は高支持率を維持している小泉首相の来援を心待ちにし、03年の衆院選から1万票以上の大幅な得票アップを期待する。

 谷山地区に基盤のない打越氏の陣営も今月1日からローラー作戦で1軒1軒まわり、投票日前日の10日まで丁寧に支持を広げていく予定だ。

 三つどもえの選挙戦は最終盤まで激しい票の奪い合いが続きそうだ。


ここから検索メニュー

検索 使い方

検索メニュー終わり

選挙速報は携帯でも

»詳しくはこちらから

Flash

カギを握る4つの数字

総選挙後の国会勢力

総選挙の構図

郵政反対の自民前職
がいる選挙区の構図

党首の訴え

7党首の演説・記者
会見の内容は

マニフェスト

年表

郵政民営化Q&A

選挙CD-ROM商品

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.