アサヒ・コム 2005総選挙 このサイトの使い方へ 検索へジャンプ メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

社会   スポーツ   ビジネス   暮らし   政治   国際    文化・芸能    ENGLISH   マイタウン

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ  >  2005総選挙 >  地方ニュース >  高知記事
【高知】

「山原頼み」脱皮目指す 若年層の支持がカギ 共産党

2005年08月25日

 共産党は前回03年の総選挙で四国で唯一の議席を失っており、その奪還をめざす。また今回は、連続10期務めた同党元衆院議員の山原健二郎氏が昨年3月に亡くなってから迎える初の総選挙でもある。県内3小選挙区の同党立候補予定者たちは「山原さんの精神を引き継ぎたい」とする半面、「いつまでも頼ってばかりはいられない」と新たな課題にも直面する。

 山原氏は教員や県議を経て69年に高知全県区で初当選、小選挙区制が導入された96年の高知1区も制した。30年余、衆院では主に文教委員会に所属。災害が起これば現場を踏むなど行動的で、人柄は党派を超えて親しまれ、文人・歌人としても知られた。00年の政界引退まで高知市の日曜市で続けた「国会報告」は1022回にのぼった。

 「山原さんの(維持してきた)議席を奪還するべく精いっぱいがんばっていきたい」。高知1区で重複立候補を予定する元職の春名直章氏(46)は24日夜、高知市で開かれた大演説会で決意を語った。

 03年、山原氏から議席奪還を託されたのが春名氏だと陣営幹部はいう。同党は96年に比例区四国ブロックで約22万票を獲得し、高知3区で重複立候補していた春名氏が復活当選し、00年にも比例区で再選された。

 今回、比例区の目標は前回より10万票多い24万票を掲げ、各陣営は「山原頼み」からの脱皮を目指す。高知2区で立候補予定の谷崎治之氏(46)の陣営では「これまでの土台を生かし、新たな気持ちで訴える」。高知3区から立候補予定の本多公二氏(57)は山間部を車で回り、初めての場所で街頭演説するようにしているという。

 春名氏は衆院憲法調査会委員として護憲の立場で訴えた経験を生かし、高知大の学生サークルに出向いて講義するなど積極的に若者との交流を図る。日曜市で「山原さんの反戦平和の遺志を胸に刻んで戦っていきたい」と訴えるなど山原流も踏襲する。陣営幹部は「山原さんを支えた高齢層の支持だけでは勝てない。若年層にも幅広く支持を広げたい」と話す。

 同党の動きについて、他党の陣営幹部は「山原さんは自民党支持者にも信頼された。ただ、彼の後継者を特に意識しているわけではなく、当方はいつも通り戦うだけ」とたんたんと語る。


ここから検索メニュー

検索 使い方

検索メニュー終わり

選挙速報は携帯でも

»詳しくはこちらから

Flash

カギを握る4つの数字

総選挙後の国会勢力

総選挙の構図

郵政反対の自民前職
がいる選挙区の構図

党首の訴え

7党首の演説・記者
会見の内容は

マニフェスト

年表

郵政民営化Q&A

選挙CD-ROM商品

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.