アサヒ・コム 2005総選挙 このサイトの使い方へ 検索へジャンプ メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

社会   スポーツ   ビジネス   暮らし   政治   国際    文化・芸能    ENGLISH   マイタウン

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ  >  2005総選挙 >  地方ニュース >  宮城記事
【宮城】

自民・民主の争い焦点 18人の論戦、最終盤

2005年09月10日

 郵政民営化法案をめぐる対立から衆院が解散されて約1カ月。総選挙は11日、投開票日を迎える。県内六つの選挙区には計18人が立候補し、郵政民営化問題だけでなく、年金など社会保障やサラリーマン増税、小泉首相の靖国神社参拝問題などさまざまな争点について論戦を繰り広げてきた。選挙戦は残り1日。有権者の判断が注目される。

 小選挙区に立候補しているのは、前職6人、新顔11人、元職1人。政党別では、自民と共産は1〜6区すべての選挙区に候補者を擁立。民主が6区のみ候補者を立てなかったのに対し、社民が6区のみに擁立した。公明は、自民と選挙協力を結び、小選挙区で自民候補を推薦する代わりに比例区での支援を要請した。

 ●「牙城」に変化

 大きな焦点は、自民、民主両党の議席争いだ。

 98年に新たな民主党が結成されて以降、最初の総選挙だった00年は、六つの小選挙区で自民の2議席に対し、民主は4議席を確保。特に仙台市の1、2区は民主が議席を独占し、「仙台は民主の牙城(がじょう)」ともいわれた。

 前回03年の総選挙では、自民3、民主3と議席を分け合った。しかし、直後に1、2区で民主党陣営の選挙違反事件が発覚。最高裁で有罪判決が確定し、両区で民主党議員が相次いで辞職。2区は4月の補選で自民新顔が議席を奪還し、解散前勢力は自民4、民主1、欠員1(1区)だった。

 ●議席維持できるか

 自民、民主の二大政党化が進む一方、共産、社民が議席を維持できるかも注目される。ともに比例区東北ブロックで前回得た1議席の確保をめざし、比例区での戦いもにらんだ選挙戦を続けている。

 選挙戦の行方を左右するのが、無党派層の動向になりそうだ。朝日新聞社が8月31日〜9月3日に実施した世論調査では、支持する政党について尋ねたところ、「支持政党なし」と「答えない・わからない」を合わせた無党派層は県内で42%にのぼる「第一党」だった。

 ●高投票率を予想

 今回の総選挙は有権者の関心度も高い。前回の投票率は58.92%だったが、今回は多くの陣営が前回より投票率が高まると予想しており、無党派層がどう動くかがさらに注目される情勢となっている。


ここから検索メニュー

検索 使い方

検索メニュー終わり

選挙速報は携帯でも

»詳しくはこちらから

Flash

カギを握る4つの数字

総選挙後の国会勢力

総選挙の構図

郵政反対の自民前職
がいる選挙区の構図

党首の訴え

7党首の演説・記者
会見の内容は

マニフェスト

年表

郵政民営化Q&A

選挙CD-ROM商品

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.