アサヒ・コム 2005総選挙 このサイトの使い方へ 検索へジャンプ メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

社会   スポーツ   ビジネス   暮らし   政治   国際    文化・芸能    ENGLISH   マイタウン

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ  >  2005総選挙 >  地方ニュース >  大阪記事
【大阪】

大阪10区 辻元氏、社民退潮の「歯止め役」

2005年08月30日

 社民退潮の「歯止め」役を託された大阪10区の元職、辻元清美氏(45)は、大阪府高槻市のJR高槻駅前で「もう一度社民党でがんばりたい。2大政党では政策の選択の幅が狭まる」と第一声を上げた。

 傍らには、比例区近畿ブロックに単独立候補した前職、土井たか子・前党首(76)が立った。「平和憲法を政治に生かしていきたい」

 辻元氏は、秘書給与詐取事件で有罪判決を受けて執行猶予中。昨夏の参院選大阪選挙区に無所属で立ち、落選したが約72万票を獲得した。前回総選挙の近畿で、社民は小選挙区で全敗し、比例区で土井氏だけが復活当選した。党は今回、土井氏の比例区順位を、辻元氏ら重複立候補4人の下に。辻元氏の国政復帰にかける姿勢をより鮮明にしている。

 辻元氏に挑まれる民主前職の肥田美代子氏(64)は「政権交代に向けて戦う」。自民元職の松浪健太氏(34)は「小さな政府をつくらないと日本はもたない」、共産新顔の浅沼和仁氏(44)は「確かな野党を大きくしてほしい」と訴えた。


ここから検索メニュー

検索 使い方

検索メニュー終わり

選挙速報は携帯でも

»詳しくはこちらから

Flash

カギを握る4つの数字

総選挙後の国会勢力

総選挙の構図

郵政反対の自民前職
がいる選挙区の構図

党首の訴え

7党首の演説・記者
会見の内容は

マニフェスト

年表

郵政民営化Q&A

選挙CD-ROM商品

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.