アサヒ・コム 2005総選挙 このサイトの使い方へ 検索へジャンプ メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

社会   スポーツ   ビジネス   暮らし   政治   国際    文化・芸能    ENGLISH   マイタウン

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ  >  2005総選挙 >  地方ニュース >  埼玉記事
【埼玉】

「前哨戦」ヒートアップ 決起集会や選対会議

2005年08月25日

 総選挙の公示まで1週間を切った24日、各党の前哨戦も熱を帯びてきた。自民は、小泉純一郎首相が解散後初の県内入りをし、郵政民営化の必要性を訴えた。一方の民主は重点区とする埼玉11区で選対会議を開催、共産も全立候補予定者を集めた集会で気勢をあげた。

 小泉純一郎首相は午後6時すぎ、同日開業したつくばエクスプレスの試乗を終えて、さいたま市内に到着。自民公認で立候補予定の金子善次郎氏の陣営が開いた総決起大会に駆けつけた。

 会場の浦和コルソ7階ホールは約2時間前から入場待ちの列ができて満員となり、街頭には中の様子を伝えるテレビも設置された。小泉首相は約25分間にわたって「郵政民営化は行政改革、財政改革につながる。今回は皆さんの声が聞きたくて解散をした。自民党を応援してくれれば、反対していた人たちも気持ちを変えてくれる」と訴えた。

 大会には深井明・県連幹事長や、相川宗一さいたま市長らも出席した。

 民主党県連は24日夜、選対事務局会議を深谷市内のホテルで開いた。同党が最重点区の1つとする埼玉11区内で開催することで、「党の姿勢を強く打ち出す象徴的な意味も大きい」(県連幹部)という。

 同党は、解散前に小選挙区でも比例区でも議席を有していなかった8区と11区を最重点区と決めた。参院議員の事務所職員を応援として配置し、党の選挙カーも、前回小選挙区で落選している区を中心に走らせ、支持拡大を図る。一方、さいたま市や戸田市などの都市部についても、臨機応変に幹部の遊説や選挙カーの走行ルートに入れていくことを確認。地方議員団(77人)を集めた会議を今週中にも開くことを決めた。

 上尾市文化センターで開かれた共産の決起集会には党員ら約1200人が参加し、比例ブロックでの議席獲得に向けて健闘することを再確認した。

 集会では、増子典男県委員長が、総額4200万円が供託金募金で集まり、全候補者の供託が終わったことを報告。

 また「小泉首相は郵政一本やりで『改革断行』を叫んでいる。(立候補予定者も)『改革を止めるな』と言うが、社会保障の切り捨てで国民負担が増えた。大増税や憲法改悪もしようとしている」と自民陣営を批判。民主は郵政の民営化などについても自民と変わらないとし、「『確かな野党』が今の日本には必要。頑張って、失った議席を何としても取り返そう」と訴えた。


ここから検索メニュー

検索 使い方

検索メニュー終わり

選挙速報は携帯でも

»詳しくはこちらから

Flash

カギを握る4つの数字

総選挙後の国会勢力

総選挙の構図

郵政反対の自民前職
がいる選挙区の構図

党首の訴え

7党首の演説・記者
会見の内容は

マニフェスト

年表

郵政民営化Q&A

選挙CD-ROM商品

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.