アサヒ・コム 2005総選挙 このサイトの使い方へ 検索へジャンプ メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

社会   スポーツ   ビジネス   暮らし   政治   国際    文化・芸能    ENGLISH   マイタウン

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ  >  2005総選挙 >  地方ニュース >  埼玉記事
【埼玉】

突風、そして(中)相手の土俵焦る民主 比例に力注ぐ共・社

2005年08月27日

 「都市部で前回のような勢いが出ていない」

 深谷市のホテルで24日夜にあった民主党県連の選対会議で、選対事務総長の山根隆治参院議員が切り出した。手元には新聞記事のスクラップや各種の世論調査の結果があった。

 選挙カーの運行スケジュールが話し合われた。

 県内をぐるりと回る国道16号が、同党のこれまでの選挙戦略の1つの指標だった。国道内側の東京寄りの都市部で強く、外は弱い。

 今回も小選挙区での議席がない埼玉8〜14区に重点を置き、党の車を3台すべて外側で走らせる予定だった。しかし結局、都市部と周辺で区別をつけないことになった。

 「前回とは違うことを徹底させなければ」。自民党の分裂選挙で勢いづくはずが、山根氏の表情に余裕の色はなかった。

    ■

 同党の立候補予定者の間には、早くから焦りが広がっていた。街頭で演説しても「なぜ民主は郵政民営化に反対なんだ」と声をかけられる。

 「選挙に勝つ気があるんですか」。解散から数日後、いらだった4区の前職、神風英男氏は党本部に電話をかけた。

 党本部から各立候補予定者の事務所にファクスが届いたのは、12日深夜から翌日未明にかけてだった。

 「小泉総理の民営化法案は絶対に反対だ、と自信をもって言い切ってください」。仙谷由人政調会長名の指示だった。

 「現場はもう動いているんだ」。神風氏は強い口調で言った。「今から相手の土俵に乗るなんて、相手の思うつぼでしょう」

 一方で、郵政問題への自分の考え方を説明するビラを街頭で配り始めてもいる。

    ■

 枝野幸男・同党県連代表は20日、さいたま市で支持者らと意見交換をする「オープンミーティング」に臨んだ。

 参加者から厳しい声が飛んだ。「はっきり言って民主は負けだ」。枝野氏は切り返した。「明日、投票ならば負ける。でも、まだ3週間ある」

    ■

 「北関東でなんとしても2議席を」。24日夜、上尾市で開かれた共産党決起集会。前回は1に終わった比例区北関東ブロックでの議席上積みを訴えるビラが配られた。

 同党のスローガンは「比例区が軸」と「全国は1つ」だ。比例区で「共産党」と書くよう知人などに頼む活動を、党員らに呼びかける。

 19日に党本部であった「全国決起集会」はCS通信で全国に中継され、県内でも9カ所で約1000人が参加した。県委員会は集会の模様を収めたビデオを用意し、支部や後援会で見るという。

 比例区に重複立候補する8区の前職、塩川鉄也氏は解散後、選挙区外の蕨、越谷などの各市で街頭演説をこなす。6区の元山佳与子氏は栃木など他県にも足を伸ばす。

    ■

 東京・三宅坂の社民党本部。10日、比例区北関東ブロック事務局長でもある同党県連の市川博美幹事長は党本部の方針に異を唱えた。

 訴えたのは比例区単独候補の擁立だ。昨年の参院選の得票からすると、北関東で1議席がとれる計算だ。しかし、03年の衆院選では3選挙区で候補を立てたが落選。比例復活の条件となる得票(有効投票の10分の1)にも満たなかった。

 「比例で議席が得られても、当選にならないのでは有権者に失礼」。元職の日森文尋氏の比例単独立候補にこぎ着けた。

 「今回が最後の国政選挙になるかもしれない」と、市川氏は立候補予定者らに発破をかける。


ここから検索メニュー

検索 使い方

検索メニュー終わり

選挙速報は携帯でも

»詳しくはこちらから

Flash

カギを握る4つの数字

総選挙後の国会勢力

総選挙の構図

郵政反対の自民前職
がいる選挙区の構図

党首の訴え

7党首の演説・記者
会見の内容は

マニフェスト

年表

郵政民営化Q&A

選挙CD-ROM商品

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.