アサヒ・コム 2005総選挙 このサイトの使い方へ 検索へジャンプ メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

社会   スポーツ   ビジネス   暮らし   政治   国際    文化・芸能    ENGLISH   マイタウン

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ  >  2005総選挙 >  地方ニュース >  埼玉記事
【埼玉】

小泉流を採点すると 候補者アンケート

2005年09月01日

 朝日新聞さいたま総局は、衆院選小選挙区の県内の主な候補者47人に、政策などについて尋ねるアンケートを実施した。小泉純一郎首相が進める「改革路線」と政治手法を採点してもらったところ、自民候補の平均点は84点だった。一方、民主は平均約23点で、道路公団民営化や年金問題などに批判が集まった。共産、社民はほぼ全員が0点をつけた。

 自民候補の点数は、65〜100点の範囲内。政治手法については「妥協を許さない政治手法は大いに評価できる」(田中良生候補)とする声がある一方、「多少の問題もある」(土屋品子候補)、「もうすこしゆとりがあってもいい」(山口泰明候補)と、意見が割れた。評価しない「改革」として、「具体的成果のない教育改革」(早川忠孝候補)「国連改革」(柴山昌彦候補)などの意見も出た。

 郵政関連法案で反対票を投じ、無所属となった小泉龍司候補は「65〜70点」と採点した。道路公団民営化などを「正しい政策」と評価する一方、「郵政しか見えなくなっている」とも指摘した。

 民主党候補の採点は0〜50点だった。政策全般について「中途半端」と指摘する声も多かった。評価する「改革」として、「大臣任期を1年にした」(武正公一候補)「森派以外の派閥を破壊した」(石田勝之候補)といった意見もあった。枝野幸男候補は「改革のメニューだけは並べた」としたうえで、「いずれも看板倒れに終始した」と批判した。

 共産の候補者は「国民への痛みの押しつけ」などとして、ほとんどが0点以下をつけた。塩川鉄也候補は評価しない「改革」として、「特に介護保険改悪はひどい」などと指摘し、他の候補者も介護や年金などの社会保障、医療問題を取り上げた。評価するものとして「北朝鮮との会談だけ」(池田伸宏候補)と述べた意見もあった。

 社民の池田万佐代候補は小泉首相の政治手法について、「自説に執着し、議会制度を踏みにじった」と批判した。

 アンケートは8月中旬から立候補予定者に配布し、31日にまでに対象者全員から回答を得た。


ここから検索メニュー

検索 使い方

検索メニュー終わり

選挙速報は携帯でも

»詳しくはこちらから

Flash

カギを握る4つの数字

総選挙後の国会勢力

総選挙の構図

郵政反対の自民前職
がいる選挙区の構図

党首の訴え

7党首の演説・記者
会見の内容は

マニフェスト

年表

郵政民営化Q&A

選挙CD-ROM商品

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.