アサヒ・コム 2005総選挙 このサイトの使い方へ 検索へジャンプ メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

社会   スポーツ   ビジネス   暮らし   政治   国際    文化・芸能    ENGLISH   マイタウン

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ  >  2005総選挙 >  地方ニュース >  埼玉記事
【埼玉】

〈注目区を歩く〉13区 組織の力vs徒歩戦術

2005年09月04日

 3日午後、春日部市の公共施設に、自民の土屋品子氏を支持する業者ら100人近くが集まった。選対の責任者を務める市長や保守系市議らがあいさつし、建設会社社長の音頭で「ガンバロー」と拳を突き上げた。

 組織固めを図る陣営は、特に久喜市、蓮田市、白岡町に力を入れる。前回、13区全体では勝ったものの、この3市町では武山百合子氏の票を下回ったからだ。

 「土屋さんは党の外交部会長。私は足を向けて寝られない」。1日、久喜市の街頭で町村外相がマイクを握った。前日には、白岡町で福田前官房長官の応援を受けた。

 蓮田市では2日夜、ミニ集会を3カ所で開き、計220人を集めた。

    ■

 これに対し、前回、比例区で復活当選した民主の武山百合子氏の事務所関係者は「選挙カーに乗って、街頭で握手して触れあう。うちはそれしかないですから」と話す。

 武山氏の次男と長女ら、若い運動員がそろいのTシャツとジーパン姿でビラを配る。3日からは、民主党ののぼりを持った十数人が、歌をうたうように党の名前を連呼して市街地を練り歩く活動も始めた。

 強固な後援組織は持たないが、今回は初めて連合の推薦を受けた。街頭演説には、ある宗教団体の支持者も駆けつける。公示日の第一声をした春日部駅前には、郵政民営化に反発する特定郵便局OBの姿もあった。

 女性候補2人の間に割って入ろうとしているのは、共産の赤岸雅治氏。前回に続く立候補だ。久喜市にある党の常設事務所を拠点に、市議らと共に選挙区を回る。

 「郵政民営化反対、憲法改悪反対、庶民大増税反対」と、党の主張を前面に出している。


ここから検索メニュー

検索 使い方

検索メニュー終わり

選挙速報は携帯でも

»詳しくはこちらから

Flash

カギを握る4つの数字

総選挙後の国会勢力

総選挙の構図

郵政反対の自民前職
がいる選挙区の構図

党首の訴え

7党首の演説・記者
会見の内容は

マニフェスト

年表

郵政民営化Q&A

選挙CD-ROM商品

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.