アサヒ・コム 2005総選挙 このサイトの使い方へ 検索へジャンプ メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

社会   スポーツ   ビジネス   暮らし   政治   国際    文化・芸能    ENGLISH   マイタウン

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ  >  2005総選挙 >  地方ニュース >  埼玉記事
【埼玉】

〈注目区を歩く〉4区 構図「他区と正反対」

2005年09月07日

 組織票を固める「地上戦」の自民、無党派層を取り込む「空中戦」の民主。「ここ4区はそういった一般的な選挙戦の構図とは正反対」と、自民の早川忠孝、民主の神風英男両氏の出陣式に顔を出した県議は言った。

 いま、自民の早川氏は「小泉旋風」の追い風を生かそうと、党幹部らを次々に招いて、本来は民主お得意の「空中戦」を展開している。

 3日午後、東武東上線和光市駅。早川氏の応援に安倍晋三幹事長代理が選挙カーの上に立った。約1500人が周囲を取り囲み、安倍幹事長代理を撮ろうと、カメラ付き携帯電話を持った若者らの手が一斉に伸びる。

 その前には、細田博之官房長官、福田康夫前官房長官、町村信孝外相と「大物」の応援が続いた。

 「本当は竹中平蔵郵政民営化担当相にも来てもらいたかったんだが……」と選対幹部。7日には中山成彬文部科学相も来る予定だ。

    ■

 民主の神風氏は、上田清司知事から引き継いだ支持基盤を生かした「地上戦」、自民伝統のどぶ板選挙で対抗している。

 「知っている方に一人でも多く声をかけて下さい」

 公示日の8月30日。神風氏の出陣式で応援に立った県議、市議は繰り返し、そう訴えた。

 神風氏が今年4月、立ち上げた後援会「神風会」のメンバーの多くは、00年の衆院選で約10万票を獲得した上田知事の後援会「清友会」に所属している。演説で「上田」の名前を出すたびに、聴衆から盛大な拍手がわき起こる。

 一方で、「上田頼り」から脱しようと、神風氏は地元の商店街を回るなど、独自の支持基盤も築き始めた。

    ■

 「候補者演説8分、地元市議の推薦3分、比例代表の訴え3分……」。共産の桜井晴子氏のスケジュール表は1回15分程度の街頭演説のスケジュールがびっしりと書き込まれている。

 4日はスーパーマーケットや団地の前など14カ所を回り「財界の言いなりにならず、庶民の痛みが分かる政治が必要」と訴えた。


ここから検索メニュー

検索 使い方

検索メニュー終わり

選挙速報は携帯でも

»詳しくはこちらから

Flash

カギを握る4つの数字

総選挙後の国会勢力

総選挙の構図

郵政反対の自民前職
がいる選挙区の構図

党首の訴え

7党首の演説・記者
会見の内容は

マニフェスト

年表

郵政民営化Q&A

選挙CD-ROM商品

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.