アサヒ・コム 2005総選挙 このサイトの使い方へ 検索へジャンプ メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

社会   スポーツ   ビジネス   暮らし   政治   国際    文化・芸能    ENGLISH   マイタウン

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ  >  2005総選挙 >  地方ニュース >  滋賀記事
【滋賀】

自民県連、2区小西氏支援せず 公認の藤井氏会見

2005年08月21日

 滋賀2区の候補者として自民党本部が元自治相秘書官で新顔の藤井勇治氏(55)を公認したのを受け、自民党県連は20日、大津市内で役員会・選挙対策合同委員会を開いた。前職の小西理氏(46)=比例近畿ブロック=を支援せず、藤井氏を先頭に戦うことを決めた。小西氏を支援する県議や市町議は除名を含めて処分するという。

 同県連は11日の同委員会で、小西氏が党公認を得られず、無所属で立候補しても全面支援し、党本部の公認候補を支援しないと決めた方針を百八十度転換した。

 記者会見した同党県連選対本部長の山下英利・参院議員は、藤井氏について「県連が関与しない中で決定された」と戸惑いを見せたものの、「(小西氏への)心情を切り離し、県連の立場を守らないと。組織としての対応を優先させた」と釈明した。

 会議は非公開だったが、「今の状況では小西氏を支援できない」「小西氏支援と言っていたのに、いい加減だ」などと白熱した議論が外へも聞こえてきた。

 会議の場で小西氏は「皆さんの立場は分かるが、いかなることになっても2区で頑張る」と語気を強めた。

 途中で退席を求められた小西氏は、離党するかを尋ねる記者団に「私からするつもりはない」と述べたが、「今日の結果などを踏まえて判断したい」と含みを残した。

 出席した県議の一人は「保守が分裂すれば共倒れもあり得る。トップダウンで候補者を決めた党本部に怒りを覚える」。別の県議は「党本部の縛りの厳しさをひしひし感じた。小西氏を応援するが、戦い方については地元で協議したい」と述べた。

 ●自民・藤井氏「郵政民営化賛成の受け皿に」

 滋賀2区から自民党公認で立候補することになった元自治相秘書官の藤井勇治氏(55)が20日、県庁で記者会見した。

 藤井氏は「郵政民営化法案について衆院と参院で別の判断になったため、小泉首相は(衆院を解散し)国民投票として審判を受けようと判断した。郵政民営化は改革の突破口。2区から出るほかの3人は反対なので、民営化賛成の受け皿になりたい」と述べた。

 県北部出身の自民党国会議員が長い間誕生しておらず、虎姫町生まれの自分への期待が大きいとも話した。

 郵政民営化法案に反対し、党公認を得られなかった小西理氏(46)は離党すべきか、との質問には、「小西さんの政党人としての見識を待つしかない。あいまいなことは許されない」と答えた。

 21日以降、2区の自民党系の県議や市町議らと個別に会い、支持を訴えるという。


ここから検索メニュー

検索 使い方

検索メニュー終わり

選挙速報は携帯でも

»詳しくはこちらから

Flash

カギを握る4つの数字

総選挙後の国会勢力

総選挙の構図

郵政反対の自民前職
がいる選挙区の構図

党首の訴え

7党首の演説・記者
会見の内容は

マニフェスト

年表

郵政民営化Q&A

選挙CD-ROM商品

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.