アサヒ・コム 2005総選挙 このサイトの使い方へ 検索へジャンプ メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

社会   スポーツ   ビジネス   暮らし   政治   国際    文化・芸能    ENGLISH   マイタウン

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ  >  2005総選挙 >  地方ニュース >  徳島記事
【徳島】

現場を歩く〈農業〉鳴門市 先行き不透明「農協金融」

2005年09月09日

 青く高い秋の空の下、畝の上で収穫機が走る。今、鳴門市里浦地区では、特産のサツマイモの採り入れの最盛期だ。

 「昔と比べれば、収益は確実に上がった。その半面、農機具や貯蔵庫の更新など設備投資はかさむばかり。消費者の目が厳しくなる中、信頼を維持するのは容易ではない」。サツマイモ農家の原田登さん(46)は、そう言って額の汗をぬぐった。

   ◇

 紀伊水道と接する里浦地区は、もともと稲作には適さない土地だった。半世紀前まで麦作が細々と続いていたという。

 何か市場で売れる作物はできないか。スイカ、パイナップル、にんにく…。農家が知恵を出し合いながら、地に適したサツマイモに行き着いた。

 道を開いたのは品種改良だった。高知産のイモから良質のものだけを選び出し、それを土台に新品種を開発した。「クリのよう」とされる食感と高収量を実現した理想の品種。「なると金時」の名が付いたのは四半世紀前だ。

   ◇

 現在、なると金時はサツマイモの「全国ブランド」として定着した。しかし、JA里浦の戸井豊治組合長(61)には二つの懸念がある。

 一つは農産物の輸入自由化だ。「外国産が入ってくるかもしれない。最初は品質で対抗できても生産技術の流出など長い目で見れば大きな驚異になる」という。

 現在、病害虫の発生を理由にサツマイモは植物防疫法でほとんどの国からの輸入が禁止されている。

 しかし、農産物の自由化は突然降ってわく。05年4月に発効した日本とメキシコの自由貿易協定(FTA)。自動車や鉄鋼などの工業製品の輸出増の「取引材料」として、豚肉やオレンジなどの農産物の輸入枠が拡大された。いつ、サツマイモが工業製品の見返りに化けるか分からない。

 もう一つの懸念は、「株式会社」の農業分野への参入だ。現在は「構造改革特区」内だけに規制され、県内では参入する企業はない。しかし、仮に自由化すると、大阪、神戸など「大消費地」に近く、既にブランドとして浸透しているだけに、効率優先の「会社農業」の標的になる可能性は高い。

   ◇

 県やJAによると、なると金時をはじめ、県内の農業は対抗手段として「安全性」と「品質」に重点を置くことになる。

 しかし、JA関係者は指摘する。「安全性と品質は確かに『武器』になる。でも、その確保と維持には金がかかる。新しい技術を実現するためには、それなりの機材の導入も不可欠だ」

 実際、なると金時の産地でも設備投資で1千万円以上の債務を抱える農家も少なくない。

 県産農産物の流通拡大を担当する県とくしまブランド戦略課の森浩一課長は「高齢化や後継者不足などの打開策として機械化と高付加価値化が進んだ。その結果、農家は高収益高投資になった。それを資金面で支えてきたのが農協だ。いまその農協の『金融業務』が見直しを迫られている」と話す。

   ◇

 「郵政改革の次は農政改革らしい」「農協の信用(貯金)、共済(保険)事業は分離されるそうだ」…。そんな話も農協内に伝わっている。

 「『組合員のための組織』というよりも『組織のための組織』という色彩を強め、原点である組合員メリットに敏感でなくなっている」。農水省が農協幹部や学者らを集めた「農協のあり方についての研究会」が03年に示した「農協の現状」だ。

 しかし、自然災害と戦いながら、その地にあった農業を模索し、商品となる農産品をつくりだすことを多くの生産者たちは農協と二人三脚でやってきた。

 総選挙では多くの争点にかすみがちだが、農業も今、大きな岐路に立たされている。


ここから検索メニュー

検索 使い方

検索メニュー終わり

選挙速報は携帯でも

»詳しくはこちらから

Flash

カギを握る4つの数字

総選挙後の国会勢力

総選挙の構図

郵政反対の自民前職
がいる選挙区の構図

党首の訴え

7党首の演説・記者
会見の内容は

マニフェスト

年表

郵政民営化Q&A

選挙CD-ROM商品

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.