アサヒ・コム 2005総選挙 このサイトの使い方へ 検索へジャンプ メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

社会   スポーツ   ビジネス   暮らし   政治   国際    文化・芸能    ENGLISH   マイタウン

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ  >  2005総選挙 >  地方ニュース >  東京記事
【東京】

〈東京10区を歩く・4日〉「どぶ板とは無縁だな」

2005年09月05日

応援=池袋駅東口で

 4日午前9時過ぎ。練馬区の総合運動場。目つきの鋭いSPが2人、現れたと思ったら、10分後に自民の小池百合子氏(53)が姿を見せた。

 軟式少年野球の開会式に約700人が集まっていた。小池氏が手当たり次第、握手を始める。父母の間から、冷ややかな視線が注がれた。

 「こんな少年野球大会にテレビが来ていたから、変だなと思っていたんだけど。なーんだ、て感じ」と若い母親。

 開会式での短い挨拶(あいさつ)と始球式を終えると、青いハイブリッド車に乗り込み、池袋駅西口の選挙事務所を目指した。SP車が後ろを追走する。

 午後2時。池袋駅東口で小泉首相と街宣車の上に立つ。人波であふれ、警視庁の調べで7000人。

 この日、小池氏が選挙カーに乗り込んだのは、午後2時半以降。それまでハイブリッド車で行き来し、窓を開けて手を振ることもなかった。

 都会の無党派を狙ったメディア重視のイメージ選挙に、陣営の自民区議は戸惑いを隠せない。「『どぶ板』とは無縁で、タスキもかけない。わが党らしくない、こんな選挙があるんだなあ」

 夕方、氷川神社の祭礼で町内会に作られた神酒所に足を運ぶ。新党日本の小林興起氏(61)が強い地域のはずだが、小池氏を取り囲む法被姿の輪がいくつも出来た。「大歓迎ですね」と水を向けると、幹部の1人が答えた。

 「何といったって、自民党公認ですから」


ここから検索メニュー

検索 使い方

検索メニュー終わり

選挙速報は携帯でも

»詳しくはこちらから

Flash

カギを握る4つの数字

総選挙後の国会勢力

総選挙の構図

郵政反対の自民前職
がいる選挙区の構図

党首の訴え

7党首の演説・記者
会見の内容は

マニフェスト

年表

郵政民営化Q&A

選挙CD-ROM商品

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.