アサヒ・コム 2005総選挙 このサイトの使い方へ 検索へジャンプ メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

社会   スポーツ   ビジネス   暮らし   政治   国際    文化・芸能    ENGLISH   マイタウン

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ  >  2005総選挙 >  地方ニュース >  山形記事
【山形】

社民県連、3区に伊藤氏を擁立

2005年08月21日

 社民党県連合は20日、鶴岡市内で県委員会を開き、3区に党鶴岡田川支部協議会幹事長で鶴岡市議の伊藤●一氏(58)=鶴岡市三和町=の擁立を決めた。党本部への公認申請を直ちに行う一方、民主党県連にも推薦を要請する。県内の小選挙区の主な立候補予定者はこれで出そろった。

 3区には伊藤氏のほか、自民党前職の加藤紘一氏(66)と共産党新顔の佐藤雅之氏(32)がすでに立候補を表明している。

 伊藤氏は記者会見で「小泉流改革だけが国民の意思ではない。有権者に選択肢を示すのが責務と思った」と述べた。

 民主党県連との選挙協力について、田辺省二代表は「速やかに申し入れ、政策協定を結びたい。民主の推薦が得られると確信している」と話した。

 一方、「冷静に見ればどうみても厳しい」と加藤氏優勢とされる情勢に触れた上で、「どんな形であれ当選を目指したい」と述べ、比例区東北ブロックでの復活当選を目指す考えを示した。

 3区での擁立をめぐっては、民主党県連が断念したのを受け、社民党県連合が人選を本格化させた。県議の吉泉秀男氏に打診したが、後援会の強い反対を理由に固辞した。田辺代表は18日夜、伊藤氏に出馬を要請、伊藤氏は20日朝、正式に受諾したという。

 伊藤氏は鶴岡市職員を経て83年の同市議選で初当選し現在6期目。近く議長あてに辞職願を提出するという。市町村合併で10月に発足する新「鶴岡市」の市議選にも立候補しない考えを示した。

*●は金へんに斧


ここから検索メニュー

検索 使い方

検索メニュー終わり

選挙速報は携帯でも

»詳しくはこちらから

Flash

カギを握る4つの数字

総選挙後の国会勢力

総選挙の構図

郵政反対の自民前職
がいる選挙区の構図

党首の訴え

7党首の演説・記者
会見の内容は

マニフェスト

年表

郵政民営化Q&A

選挙CD-ROM商品

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.