アサヒ・コム 2005総選挙 このサイトの使い方へ 検索へジャンプ メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

社会   スポーツ   ビジネス   暮らし   政治   国際    文化・芸能    ENGLISH   マイタウン

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ  >  2005総選挙 >  地方ニュース >  山口記事
【山口】

2区奪還へ自民総動員 民主も菅氏ら投入

2005年08月27日

 県内で唯一、民主党が議席を持っていた山口2区。自民党候補がようやく決まり、共産党も加えた三つどもえの構図が、ほぼ固まった。中央から党幹部が次々に駆けつけるなど、前哨戦は急速に熱を帯びてきた。

 03年の前回総選挙まで2区で2連勝の民主前職、平岡秀夫氏(51)。26日夕、光市民ホールに集まった支持者約250人に菅直人・前党代表が訴えた。「平岡さんは、新しい政権を作り新しい改革を進める上で、日本のために必要な人材」

 民主党は連日、党の顔役を投入し「政権交代」を前面に打ち出す。

 一方、自民党は、21日に党公認が決まったばかりの新顔、福田良彦氏(35)の浸透に懸命だ。

 党県連は26日の選対会議で「全面支援」を決定。30日の公示日、福田氏の出陣式に1、3、4区から県議を送り込むほか、選挙期間中、党の全県議36人を投入する異例の選挙態勢で臨むという。「こんな事態は、かつてない」と県連幹部。

 「失われた議席を奪還するため、福田さんが勇気を持って決意した。大きな力を与えて欲しい」

 24日は福田氏の地元、岩国市のJR岩国駅前で、安倍晋三・党幹事長代理が、実弟の岸信夫参院議員、県連の河野博行会長ら地元県議10人と並んで支援を訴えた。

 河野会長は、岸信介、佐藤栄作の兄弟宰相を輩出した田布施町周辺の県東部を「保守本流の拠点」と位置づけ、「2区の議席奪還は県連の最重要課題」と繰り返す。

 党県議の数も4選挙区で最多の11人。県連の2区への思いは強いが、候補者擁立は迷走した。

 今回は、突然の解散、前回まで2区に立候補した佐藤信二氏の引退表明と「想定外」の事態が続いた。だが、そうでなくても「保守本流の土壌が崩れている」と県連幹部は危機感を訴える。

 民主党に議席を奪われた5年間の「空白」が大きいという。ある幹部は「最古参で名門の佐藤家がいる限り、見えない形での動きも出来なかった」。別の幹部は「地元と党本部の意思疎通が出来なかった」と話す。

 同区には共産党新顔の山中良二氏(46)も立候補を予定。増税反対を中心に訴えて回っている。


ここから検索メニュー

検索 使い方

検索メニュー終わり

選挙速報は携帯でも

»詳しくはこちらから

Flash

カギを握る4つの数字

総選挙後の国会勢力

総選挙の構図

郵政反対の自民前職
がいる選挙区の構図

党首の訴え

7党首の演説・記者
会見の内容は

マニフェスト

年表

郵政民営化Q&A

選挙CD-ROM商品

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.