アサヒ・コム 2005総選挙 このサイトの使い方へ 検索へジャンプ メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

社会   スポーツ   ビジネス   暮らし   政治   国際    文化・芸能    ENGLISH   マイタウン

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ >  2005総選挙記事

民主党新代表に前原氏、2票差で菅氏を破る

2005年09月17日

写真

新代表に決まった前原誠司氏(中央)と祝福する岡田克也氏(左)と菅直人氏=17日午後4時すぎ、東京都内のホテルで

 民主党は17日、東京都内のホテルで両院議員総会による代表選挙を行い、辞任した岡田克也氏の後任として前原誠司氏(43)を新代表に選出した。党内グループの大半が自主投票で臨み、党所属国会議員(194人)のうち192人が無記名で投票。前原氏が半数の96票を獲得し、菅直人氏(58)を2票差で破る接戦だった。代表選後、前原氏は「無駄は削る。既得権益にはメスを入れる」と述べ、総選挙で60以上の議席を減らした党の再生に全力を挙げる決意を強調した。

 任期は、岡田氏の残り任期である来年9月までの1年。

 前原氏は、岡田前代表より9歳若い。民主党は、「二大政党」の一翼を担う政党では異例の若い党首を立てて「小泉自民党」に対抗する道を選択した。

 前原氏は「能力主義で適材適所を貫いていきたい」としており、18日にも執行部人事を固め、挙党態勢で臨む方針。代表選で前原氏支援に回った野田佳彦氏(48)を、幹事長など重要ポストで処遇する考えだ。

 代表選で前原氏は、政権交代を目指す体制づくりのために「しがらみとの決別」を繰り返し訴えた。就任後の記者会見でも、肥大化した行政機構や天下りなど既得権益に切り込んで「小さな政府というよりは、効率のいい政府」を目指す考えを強調。その一方で「本当に必要な所にはお金を回していく。セーフティーネットをしっかり張っていく」と述べ、自民党との差異化を図る姿勢を鮮明にした。

 代表選では菅氏も、小泉首相の構造改革路線を「強者の自由主義」と批判し、「最小不幸社会」の実現を訴えた。

 「刷新」か「安定感」かが焦点となったなか、党所属国会議員は2度の代表経験がある菅氏より、新しい顔を選んだ。

 一方、前原氏は会見で、憲法改正について「(戦力の不保持などを定めた)憲法9条2項を削除して自衛権を明記する」との持論を示したうえで、「党内の議論をスピードアップして、受け身にならない、しっかりした案を持って対応できるよう進めていきたい」と述べた。

 先の総選挙を経て衆院の3分の2を占める与党体制が生まれたことを踏まえ、前原氏は「当然ながら憲法改正が必要だとしている党としっかり議論する中でまとめていくべきだと思っている」とも述べた。前原氏が憲法改正に否定的な意見がある党内の考えをどう集約し、与党との距離をどう考えていくかが、憲法論議の進み方のかぎを握りそうだ。

 民主党は新しい執行部で臨む21日からの特別国会で、新鮮さをアピールしつつ、反転攻勢の足がかりをつくりたい考えだ。


総選挙関連記事

»記事一覧
ここから検索メニュー

検索 使い方

検索メニュー終わり

選挙速報は携帯でも

»詳しくはこちらから

Flash

カギを握る4つの数字

総選挙後の国会勢力

総選挙の構図

郵政反対の自民前職
がいる選挙区の構図

党首の訴え

7党首の演説・記者
会見の内容は

マニフェスト

年表

郵政民営化Q&A

選挙CD-ROM商品

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.