アサヒ・コム 2005総選挙 このサイトの使い方へ 検索へジャンプ メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

社会   スポーツ   ビジネス   暮らし   政治   国際    文化・芸能    ENGLISH   マイタウン

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ >  2005総選挙記事

〈追跡・政界流動〉小沢氏「表」に

2005年08月24日

 小沢一郎氏が表に出始めた。

 「小泉首相のパフォーマンスには、正々堂々、簡潔にメッセージを送ることが一番の対抗策だ」

 23日、TBSの番組でそう語った。22日夜に続く連日のテレビ出演。週刊誌やスポーツ紙の取材にも積極的に応じている。

 民主党幹部には、かねてこう告げていた。

 「一仕事終わったら、テレビに出る」

 側近の一人は「それまでは新党のことしか頭になかった」と語る。

 ○新党接触「退路断たせる」

 「政権をとるためには、新党との連携も考えるべきだ」。11日、有力な支援者である稲盛和夫・京セラ名誉会長を囲んだ党幹部の会合で、小沢氏は言った。郵政民営化法案に反対した自民党の前職らが新党をつくるらしい――。そんな情報が永田町を駆け巡っていた頃だ。

 小沢氏の発言に、岡田代表の顔がこわばった。岡田氏の持論は「民主党の単独政権」だからだ。小沢氏は構わずたたみかける。「造反組が自民党に戻らないよう、退路を断たせるべきだ。私は出来ることをやる」

 稲盛氏も「けんか上手の小泉さんに岡田代表一人では勝てない。オール民主党で戦うべきだ」。岡田氏は「おっしゃることは分かっています」と言うほかなかった。

 小沢氏は東京都内のホテルにこもった。後に国民新党を結成する綿貫民輔元衆院議長には、頻繁に接触。「決断するなら早い方がいい」と促し、迷いが見えると「作らなければだめだ」。その綿貫氏から結党の知らせを受け、小沢氏は言った。

 「よし、分かった」

 ○「執行部任せできぬ」

 国民新党には民主党から田村秀昭参院議員が加わった。田村氏から電話で知らせを受けた小沢氏は、こう言って送り出した。

 「記者会見では『民主党とのパイプ役になる』くらいは言ってくれ」

 小沢氏の期待通りに進まない話もある。

 17日夜。小沢氏は田中康夫長野県知事と都内で会った。前回総選挙では民主党のマニフェストをともに作った間柄だ。

 田中氏は、国民新党に加わった亀井静香元自民党政調会長や、新党日本に参加することになる小林興起前衆院議員、荒井広幸参院議員に会ったことを告げて相談した。

 田中氏 どうすべきか、考えています。

 小沢氏 知事を辞めて国民新党の党首になったらいい。綿貫さんが代表になったが、とりあえず副代表にでもなればいい。後で交代するよう話をつける。

 だが、田中氏は小沢氏の構想に乗らなかった。国民新党には加わらず、新党日本の代表に就任した田中氏は21日の結党会見でこう言った。「小沢一郎さんは私が尊敬する政治家である。その心は変わっていない」

 この間、首相の反対派つぶしの派手な言動と新党騒動で、民主党の見せ場は乏しくなっていた。22日、小沢氏の手元に届いた党の独自調査の結果は、焦点の選挙区で軒並み自民党候補を下回り、過半数獲得どころではないという劣勢だった。

 「ひどいな」。小沢氏はうなった。そして自らメディアに出始める。

 24日には菅直人前代表や鳩山由紀夫元代表と会う。岡田氏を支えることで一致し、頻繁に会合を重ねる3氏は、もう一つの思いも共有する。

 「執行部任せではとても勝てない」


総選挙企画・特集記事

»記事一覧
ここから検索メニュー

検索 使い方

検索メニュー終わり

選挙速報は携帯でも

»詳しくはこちらから

Flash

カギを握る4つの数字

総選挙後の国会勢力

総選挙の構図

郵政反対の自民前職
がいる選挙区の構図

党首の訴え

7党首の演説・記者
会見の内容は

マニフェスト

年表

郵政民営化Q&A

選挙CD-ROM商品

▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.